黒澤 佳子氏
プロフィール

黒澤 佳子氏 プロフィール

アットハーモニーマネジメントオフィス代表。CFP®保有年数12年5ヶ月。
中小企業診断士としても活動しており、個人事業主や中小企業の経営者向けに、財務・税務・資金繰り・経理など、経営にかかせない数字面のサポートを積極的にアドバイス。
無駄な体力を使わずリスクの少ないスリムな経営のためのノウハウをご提供しています。

ライフイベントから考えるクルマの買い方・借り方

クルマは、日常の移動手段というだけでなく、私たちの生活に寄り添うものでもあります。あなたのライフステージが変化すれば、クルマの買い方や選び方も違ってきます。自分のために。そして未来の家族のために。まずは、ライフイベントからクルマの買い方・借り方を考えてみましょう。

年代と家族構成を選んでください。

年齢

家族構成

知りたいキーワードから選ぶ

キーワード

ビジネスから考えるクルマの買い方・借り方

会社で使用するクルマは、会社の資産にも経費にも成りえます。クルマを有効活用するのは経営者や車両管理担当者の選び方しだい。
ますは、ビジネスの観点からクルマの買い方・借り方それぞれのメリットを考えてみましょう。

買い方・借り方の基礎知識

  • 知っているようで、いざとなると知らないことも多いクルマのこと。
    自分のライフスタイルにあったクルマの買い方や借り方のためにも、知っておくべきクルマに関わるお金の知識をご紹介します。あなたの知りたい記事を探してください。

    • 購入時にかかる諸費用について知りたい

      新車を購入しようと考えています。クルマの本体以外にかかる諸費用を教えて下さい。

      クルマ本体だけでなく、購入に伴う「諸費用」も考慮して予算を組みましょう

      クルマを購入する際にかかる諸費用には次のものがあります。

       ○納車費用 : クルマを自宅まで運搬してもらう際にかかる費用です。
       ○車庫証明費用 : 自動車を保管する場所を証明する書類作成の費用です。
       ○検査登録手続き費用 : 陸運局でナンバープレートの申請をする際に必要な費用です。
       ○預かり法定費用 : 車庫証明や検査登録をディーラーで代行する場合に、必要となる印紙代などをディーラーに預けるお金です。
       ○希望ナンバープレート代 : ナンバープレートの数字を自分で指定するのであれば、4~5千円の費用が掛かります。希望がなければ費用はかかりません。
       ○自動車リサイクル料金 : 自動車を処分する際に必要となる費用を、あらかじめ支払う制度です。車種によって変わりますが、2万円程度かかります。
       ○自賠責保険 : 必ず加入しなければならない保険で、強制保険とも呼ばれます。

      この他に税金として、自動車税(軽自動車税)、自動車取得税、自動車重量税がかかります。(税金の詳細については、基礎知識②をご参照ください)自賠責保険は、車の保有者に加入が義務付けられており、任意保険は、万一のときに備え補償を充実させるためにも加入しておくと安心です。
      また、クルマが廃車になる際のリサイクルにかかる費用は、法律にもとづいてクルマの所有者が負担し、新車の場合は購入時に支払います。車庫証明や検査登録届出などの費用は、車庫証明の交付や検査登録を受ける際に関係官庁に納入する法定費用や手続きに関する代行費用です。クルマを購入するときは、こうしたお金がかかることも考慮して、予算に入れておきましょう。

      ■基礎知識②「購入時にかかる税金について知りたい

      ■日産自動車の各車種にかかる諸費用は、こちらからご覧になれます。

      オススメ商品紹介

      クレジットでクルマをご購入の際は別途税金・諸費用が必要となります。クレジットのお支払い方法については、お客さまのご要望にお応えできるさまざまなプランをご用意しておりますので、日産の販売会社でカーライフアドバイザーに気軽にご相談ください。
      なお、「日産マイリースプラン」ならリース料に「車両本体・取得税・登録諸費用(届出諸費用)、リース期間中の自動車税(軽自動車税)・重量税・自賠責保険料・メンテナンス(*1)」が含まれており、さらにお支払い額は月々定額。そのため、急な出費に悩まされることもありません。さらに、リース料に保険を組み込むことができます。
      (*2) リース期間中万が一の時、保険をお使いになっても保険料は据え置きです。また、任意保険料を月々のリース料に組み込むと、支払い先が一つになり、便利です。
      *1 「マイリースパック」を選択された場合。
      *2 「5年契約3年見直しプラン」では任意保険を組み込むことはできません。

      残価設定型クレジットとは

      あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から残価を差し引いて残った分を毎月分割して支払うから負担も軽減されます。支払い最終回時には、新車にお乗りかえ、クルマを返却、クルマを買取からお選びいただくことが可能です。

      オートクレジットとは

      均等払い、ボーナス併用払い、支払い額から期間を選ぶなど、支払回数や月々の支払い額を任意で設定できるので、お客さまお一人おひとりのご都合・ご自分や家族のライフスタイルにあわせた、無理のない支払い方法がお選びいただけます。

      日産マイリースプランとは

      3年、5年でクルマを乗りかえていくなら、一定期間、一定料金でご利用いただくリースがおすすめ。少ないご予算でも、今すぐご希望の車種にお乗りいただけます。クルマに関わる税金・保険などもリース料に含められるので、急な出費の心配、面倒な手間もありません。

      トップへ戻る

    • 購入時にかかる税金について知りたい

      社会人になったので、新車の購入を考えています。クルマにかかる税金とはどのようなもので、いくらくらいでしょうか?

      購入後も自動車税は毎年、重量税は2年ごとに納税の義務あり。急な出費にあわてないよう前もって準備を

      クルマの購入時には、「消費税」以外にも「取得税」「自動車税」「重量税」なとの税金がかかります。

      【購入時にかかる税金】
       ○消費税 : これはクルマ本体の価格に8%の税金(2017年11月現在)がかかります。通常、車両本体価格に組み込まれています。
       ○取得税 : クルマの購入時に本体価格が50万円を超える自動車の購入時にかかる税金です。税率は、普通車で3%、軽自動車で2%となります。また、中古での購入の場合、経過年数によって減額されます。
       ○自動車税 : クルマの所有者に対して課される税金です。
       ○重量税 : 車の車両重量に応じて課税される税金です。新車購入時に次の車検までの3年間分を前払いします。クルマの重さごとに税金が決まっており、大きな車ほど高くなっています。
      また、クルマ購入した後も、自動車税は毎年、重量税は2年ごとに納税しなければなりません。

      【購入後にもかかる税金】
       ○自動車税 : クルマの所有者に対して課される税金です。毎年1回、納めなければいけません。これは、車を持っているだけでかかる税金なので、故障して動かない状態であっても納税義務があります。
       ◯重量税 : 車の車両重量に応じて課税される税金です。新車購入時に次の車検までの3年間分を前払いします。以降、2年ごとに納税義務があり、車検時に次の車検までの分を前払いします。

      これらは月々の支払いとは別に用意が必要ですから、急な出費にあわてないよう、いつまでにいくら支払うのか、スケジュールを立てて事前に準備する必要があります。
      なお、購入時にかかる諸費用については、「基礎知識①」をご参照ください。

      ■基礎知識① : 購入時にかかる諸費用について知りたい

      オススメ商品紹介

      クレジットをご利用したクルマのご購入の際には、必要となる税金・諸費用については、ご別途用意をお願いします。クレジットのお支払い方法については、お客さまのご要望にお応えできるさまざまなプランをご用意しておりますので、日産の販売会社でカーライフアドバイザーに気軽にご相談ください。
      なお、「日産マイリースプラン」ならリース料に「車両本体・取得税・登録諸費用(届出諸費用)、リース期間中の自動車税(軽自動車税)・重量税・自賠責保険料・メンテナンス(*1)」が含まれており、さらにお支払い額は月々定額。そのため、急な出費に悩まされることもありません。さらに、リース料に保険を組み込むことができます。(*2)リース期間中、万が一保険をお使いになっても保険料は据え置きです。また、任意保険料を月々のリース料に組み込むと、支払い先が一つになり、便利です。
      *1 「マイリースパック」を選択された場合
      *2 「5年契約3年見直しプラン」では任意保険を組み込むことはできません。

      残価設定型クレジットとは

      あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から残価を差し引いて残った分を毎月分割して支払うから負担も軽減されます。支払い最終回時には、新車にお乗りかえ、クルマを返却、クルマを買取からお選びいただくことが可能です。

      オートクレジットとは

      均等払い、ボーナス併用払い、支払い額から期間を選ぶなど、支払回数や月々の支払い額を任意で設定できるので、お客さまお一人おひとりのご都合・ご自分や家族のライフスタイルにあわせた、無理のない支払い方法がお選びいただけます。

      日産マイリースプランとは

      3年、5年でクルマを乗りかえていくなら、一定期間、一定料金でご利用いただくリースがおすすめ。少ないご予算でも、今すぐご希望の車種にお乗りいただけます。クルマに関わる税金・保険などもリース料に含められるので、急な出費の心配、面倒な手間もありません。

      トップへ戻る

    • クレジットの支払い方法について知りたい

      そもそも新車を買う時、どんな支払い方法があるのでしょうか?

      月々の支払いを抑えたいなら「残価設定型クレジット」、支払い額や期間を自由に選びたいなら「オートクレジット」

      クルマを購入するときの支払い方法には、「現金での一括購入」と分割して支払う「クレジット払い」があります。
      「クレジット払い」には、大きく2つのプランがあります。ひとつは、あらかじめ乗る期間(3、4、5年)を決め、クルマの価格から「残価」を差し引いて、残った分を毎月分割して支払う「残価設定型クレジット」。このプランは、残価を差し引いた分、月々の支払い額が抑えられます。
      もう一つは、支払回数や月々の支払い額を任意で設定できる「オートクレジット」。こちらは、さまざまなプランのなかから自分のライフプランにあった支払い方法を選べるのが特徴となっています。
      月々のお支払いを抑えたい方、数年ごとに最新車種に乗りかえたい人なら「残価設定型クレジット」、気に入ったクルマに長く乗りたい方なら、支払い回数や支払い額を自由に選べる「オートクレジット」がおすすめです。

      オススメ商品紹介

      日産フィナンシャルサービスでは、お客さまのライフプランに合わせてお支払い方法をお選びいただけるよう「クレジット」に2つの商品をご提供しています。
      「残価設定型クレジット」は、あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から「残価」を差し引いて、残った分を毎月分割してお支払いいただきます。月々の支払い額を安く抑えることができるので、ワンランク上の車種をお選びいただくことも可能です。
      また、選択した期間を乗った後も、最終回お支払い時に「新車にお乗りかえ」「クルマをご返却」「クルマをお客さまが買取」の3つのプランからお客さまのそのときの生活状況にあわせた選択が可能です。残価は保証されているので乗りかえ・返却する場合でも安心です。
      一方、「オートクレジット」は、均等払いやボーナス併用払いの他、支払回数・支払額を自由に設定することができ、ご都合・ご要望を反映したアレンジできるのが魅力です。

      残価設定型クレジットとは

      あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から残価を差し引いて残った分を毎月分割して支払うから負担も軽減されます。支払い最終回時には、新車にお乗りかえ、クルマを返却、クルマを買取からお選びいただくことが可能です。

      オートクレジットとは

      均等払い、ボーナス併用払い、支払い額から期間を選ぶなど、支払回数や月々の支払い額を任意で設定できるので、お客さまお一人おひとりのご都合・ご自分や家族のライフスタイルにあわせた、無理のない支払い方法がお選びいただけます。

      トップへ戻る

    • オートローンとクレジットの違いについて知りたい

      来年子どもが生まれるので、新車購入を考えて、今度の連休にカーディーラーを見て回るつもりです。購入にはローンを利用しようと思っていますが、日産のクレジットと銀行の自動車ローンにはどんな違いがありますか?

      銀行のオートローンは残価設定型クレジットが不可、そのほか審査期間、金利、車の名義などが違います

      一般のオートローンは、銀行やJA(農協)など金融機関が扱っています。オートローンで購入資金を借りた場合、ユーザーは一度それら金融機関から融資としてお金を受け取り、そのお金で車の代金を支払うことになります。
      一方クレジットは、信販会社などが扱います。クレジットで購入資金を借りた場合、信販会社などが車の販売店に代金を支払い、ユーザーはその信販会社に月々支払うことになります。
      したがって、銀行系のオートローンで「残価設定型クレジット」は契約できません。また、仕組みだけでなく、オートローンとクレジットでは、審査基準や審査期間も違います。一般的にオートローンの審査基準は厳しく、必要な書類も多いので、審査期間が長くなります。
      一方、クレジットの魅力は、なんといっても借りやすさです。また、必要なのは本人の証明書だけで、手続きも簡単です。また、メーカー系のクレジットでは、ロードサービスや点検・修理などのメンテナンスサービス、保険なども提供しており、必要に応じてオプションとして付けられるので維持管理の面で便利です。
      なお、車の名義については、オートローンの場合は所有者・使用者とも自分の名義になりますが、クレジットは完済するまで所有者が信販会社か販売会社で、使用者がユーザー名になります。

      オススメ商品紹介

      日産フィナンシャルサービスでは、お客さまのライフプランに合わせてお支払い方法をお選びいただけるよう「クレジット」に2つの商品をご提供しています。
      「残価設定型クレジット」は、あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から「残価」を差し引いて、残った分を毎月分割してお支払いいただきます。月々の支払い額を安く抑えることができるので、ワンランク上の車種をお選びいただくことも可能です。
      また、選択した期間を乗った後も、最終回お支払い時に「新車にお乗りかえ」「クルマをご返却」「クルマをお客さまが買取」の3つのプランからお客さまのそのときの生活状況にあわせた選択が可能です。残価は保証されているので乗りかえ・返却する場合でも安心です。
      一方、「オートクレジット」は、均等払いやボーナス併用払いの他、支払回数・支払額を自由に設定することができ、ご都合・ご要望を反映したアレンジできるのが魅力です。

      残価設定型クレジットとは

      あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から残価を差し引いて残った分を毎月分割して支払うから負担も軽減されます。支払い最終回時には、新車にお乗りかえ、クルマを返却、クルマを買取からお選びいただくことが可能です。

      オートクレジットとは

      均等払い、ボーナス併用払い、支払い額から期間を選ぶなど、支払回数や月々の支払い額を任意で設定できるので、お客さまお一人おひとりのご都合・ご自分や家族のライフスタイルにあわせた、無理のない支払い方法がお選びいただけます。

      トップへ戻る

    • クレジットの申込み方法について知りたい

      「残価設定型クレジット」や「オートクレジット」の申込み方について教えて下さい。

      クレジットの申込みは簡単。でも、まずは商品内容をよく知るために販売会社へ

      金融機関から融資を受ける場合には、必要書類の取り寄せや申し込み手続きのために多くの手間がかり、申請してからも手続き完了まで約2週間も必要ですが、クレジットなら必要書類の取り寄せが不要で、申し込み手続きもクルマの購入時にあわせてできるので、最短1日と時間と手間を大幅に短縮できます。
      ただクレジットは内容が複雑ですし、契約期間も3年~5年と長いので、商品の内容をよく理解してから購入契約を結ぶことは大事です。そのためにも、まずは近くの日産販売会社でカーライフアドバイザーに相談し、自分にあった支払いプランを選びましょう。

      オススメ商品紹介

      クレジットの申込みや契約に関するお手続きは、日産販売会社店舗のカーライフアドバイサーにお問い合わせください。

      残価設定型クレジットとは

      あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から残価を差し引いて残った分を毎月分割して支払うから負担も軽減されます。支払い最終回時には、新車にお乗りかえ、クルマを返却、クルマを買取からお選びいただくことが可能です。

      オートクレジットとは

      均等払い、ボーナス併用払い、支払い額から期間を選ぶなど、支払回数や月々の支払い額を任意で設定できるので、お客さまお一人おひとりのご都合・ご自分や家族のライフスタイルにあわせた、無理のない支払い方法がお選びいただけます。

      トップへ戻る

    • 購入時に必要な書類を知りたい

      クルマを購入する際、必要な書類には何がありますか?

      クレジットは運転免許証があれば他に書類いらず

      契約手続きに関してクレジットとローンでは大きく違います。もちろんどちらも審査はありますが、クレジットの契約で必要なのは運転免許証などの本人確認ができる証明書だけです。また手続きにかかる時間も短く、最短1日で完了します。
      一方、一般的な金融機関などのオートローンの場合、契約手続きの際に、
      (1)本人確認書類
      (2)所得確認書類
      (3)勤務・勤続確認書類
      (4)自動車注文書(見積書)の写し
      (5)預金通帳   など
      の書類が必要です。また、これに関連して「印紙代」「振込手数料」「金融機関所定の保証会社や信販会社の保証」「保証料」も必要で、手続きは金融機関の店舗で平日の営業時間に購入者自身で行う必要があります。審査が下りて契約が完了するまで、約2週間程度かかります。

      オススメ商品紹介

      日産の「残価設定型クレジット」「オートクレジット」なら、本人確認書類として運転免許証があれば、他に書類は必要ありません。ご商談時に審査申込み・契約手続きまで最短1日で行うことが可能です。「印紙代」「振込手数料」は不要。「金融機関所定の保証会社や信販会社の保証」や「保証料」も不要です。販売会社またはご自宅にて土曜日・日曜日でもお手続きできます。詳しくは日産販売会社店舗のカーライフアドバイサーにお問い合わせください。

      残価設定型クレジットとは

      あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から残価を差し引いて残った分を毎月分割して支払うから負担も軽減されます。支払い最終回時には、新車にお乗りかえ、クルマを返却、クルマを買取からお選びいただくことが可能です。

      オートクレジットとは

      均等払い、ボーナス併用払い、支払い額から期間を選ぶなど、支払回数や月々の支払い額を任意で設定できるので、お客さまお一人おひとりのご都合・ご自分や家族のライフスタイルにあわせた、無理のない支払い方法がお選びいただけます。

      トップへ戻る

    • まとまった購入資金が必要か

      車の買いかえを考えています。200万程度の車を買いたいのですが、資金はこれから貯めるところで、月4万円ずつ準備していこうと考えています。クレジットを併用して購入した方が得なのか、それとも現金が貯まるまで待つべきか迷っています。

      「頭金」なしで、クルマが買えるクレジット、クルマが使えるカーリース

      「残価設定型クレジット」や「オートクレジット」でクルマを買うメリットとしてもっとも魅力的な点は、一度にまとまった資金を用意する必要がないことです。とくに「残価設定型クレジット」は、契約を結ぶ際、契約満了後の残価を決め、トータルの支払い額に対してそれを差し引いた額を契約回数で分割して支払います。そのため、数年かけて毎月の負担を抑えながら返済できるだけでなく、いざという時のために手元に現金を残しておくことができるので安心です。もちろん、ある程度の「頭金」を用意することで月々の支払い額をさらに減らすことが可能になります。
      また、「頭金なし」という点でいえば、多額の購入資金を必要としないカーリースもおすすめです。こちらは税金や諸費用、メンテナンスまでリース料に含まれ、月々定額なので、支払い計画が立てやすいのが大きなメリットとなっています。

      オススメ商品紹介

      日産のクレジットは、頭金なしでもお申込みが可能です。「残価設定型クレジット」は、あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から「残価」を差し引いて、残った分を毎月分割してお支払いいただきます。そのため、月々の支払い額を安く抑えることができます。また「オートクレジット」は、均等払いやボーナス併用払いの他、支払回数・支払額を自由に設定することができ、ご都合・ご要望を反映したアレンジできるのが魅力です。
      同様に「日産マイリースプラン」も頭金なしでお申込みいただけます。 「日産マイリースプラン」においてもクルマの価格から「残価」を、差し引いた額が月々のお支払い対象額となります。これに「取得税・登録諸費用(届出諸費用)、リース期間中の自動車税(軽自動車税)・重量税・自賠責保険料・メンテナンス(*1)」などの諸費用を足した総額を契約月数で割った金額が月々のリース料となります。そのため、お支払い額は月々定額さらにリース料には諸費用も含まれているので、急な出費に悩まされることもありません
      *1 「マイリースパック」を選択された場合。

      残価設定型クレジットとは

      あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から残価を差し引いて残った分を毎月分割して支払うから負担も軽減されます。支払い最終回時には、新車にお乗りかえ、クルマを返却、クルマを買取からお選びいただくことが可能です。

      オートクレジットとは

      均等払い、ボーナス併用払い、支払い額から期間を選ぶなど、支払回数や月々の支払い額を任意で設定できるので、お客さまお一人おひとりのご都合・ご自分や家族のライフスタイルにあわせた、無理のない支払い方法がお選びいただけます。

      日産マイリースプランとは

      3年、5年でクルマを乗りかえていくなら、一定期間、一定料金でご利用いただくリースがおすすめ。少ないご予算でも、今すぐご希望の車種にお乗りいただけます。クルマに関わる税金・保険などもリース料に含められるので、急な出費の心配、面倒な手間もありません。

      トップへ戻る

    • 毎月の負担額を抑えながら返済が可能か

      妻が妊娠したのを機に、車の購入を検討しています。子どもが生まれると教育費などにもお金がかかるので、低燃費の軽自動車にしようと思っています。購入資金の一部はクレジットを利用する予定なのですが、どう選べばいいですか?

      月々の支払いを抑えたいなら「残価設定型クレジット」、急な出費を避けたいなら「個人向けカーリース」

      「残価設定型クレジット」は、契約満了後の残価があらかじめ設定されています。クルマの価格から「残価」を差し引いて、残った分を毎月分割して支払うので、月々の負担を抑えることができます。残価は一定の条件であれば残価保証されているので、将来、クルマの価値が大きく下がるかもしれないという心配は不要です。
      「残価設定型クレジット」では、最終回の支払い分の際にライフステージにあわせた選択ができるため、負担を抑え、かつ子どもの成長にあわせて新車に乗りかえたい方にはうってつけです。乗りかえる場合も、ある程度手元に現金を残したうえで新車を購入することができるので、資金繰りという観点でメリットがあります。
      また、購入以外に「個人向けカーリース」も検討してはいかがでしょうか。「個人向けカーリース」も残価が設定され、税金や保険料、諸費用もあわせて月々の支払いが定額なので、急な出費を避けることができ、家計の負担を抑えることができます。

      オススメ商品紹介

      日産の「残価設定型クレジット」は、あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から「残価」を差し引いて、残った分を毎月分割してお支払いいただきます。そのため、月々の支払い額を安く抑えることができます。
      同様に「日産マイリースプラン」においてもクルマの価格から「残価」を差し引いた額が月々のお支払い対象額となります。これに「取得税・登録諸費用(届出諸費用)、リース期間中の自動車税(軽自動車税)・重量税・自賠責保険料・メンテナンス(*1)」などを足した総額を契約月数で割った金額が月々のリース料となります。そのため、お支払い額は月々定額で、急な出費に悩まされることもありません。
      *1 「マイリースパック」を選択された場合。

      残価設定型クレジットとは

      あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から残価を差し引いて残った分を毎月分割して支払うから負担も軽減されます。支払い最終回時には、新車にお乗りかえ、クルマを返却、クルマを買取からお選びいただくことが可能です。

      日産マイリースプランとは

      3年、5年でクルマを乗りかえていくなら、一定期間、一定料金でご利用いただくリースがおすすめ。少ないご予算でも、今すぐご希望の車種にお乗りいただけます。クルマに関わる税金・保険などもリース料に含められるので、急な出費の心配、面倒な手間もありません。

      トップへ戻る

    • 「カーリース」「レンタカー」「カーシェアリング」の違い

      クルマを利用する方法として、「カーリース」や「レンタカー」、「カーシェアリング」などがありますが、その違いを教えて下さい。

      「自分の車」として乗ることができるのが「カーリース」

      「リース」と聞くと、「借りものなので自由がきかない」と思いがちですが、「個人向けカーリース」は「レンタカー」「カーシェアリング」とは異なり、いわゆる「わ」ナンバーではなく、車種、グレード、オプションを自由に選択できます。そのため、購入したときと同じように「自分のクルマ」として乗ることができるのです。車種選びから契約まで、特に難しいことはありません。
      さらにカーリースの場合、諸費用・保険料コミで月々の支払い額を定額にできるので、維持コストや管理面でも計画が立てやすいのが特徴です。
      使い分けとしては、日常的にクルマを使いたい人なら「個人向けカーリース」、休日にドライブなどで使いたい人なら「レンタカー」「カーシェアリング」が良いのではないでしょうか。

      オススメ商品紹介

      「日産マイリースプラン」においてもクルマの価格から「残価」を差し引いた額が月々お支払い対象額となります。これに「取得税・登録諸費用(届出諸費用)、リース期間中の自動車税(軽自動車税)・重量税・自賠責保険料・メンテナンス(*1)」などの諸費用を足した総額を契約月数で割った金額が毎月のリース料となります。そのため、お支払い額は月々定額。で、急な出費に悩まされることもありません。
      また、メンテナンスをパッケージにした日産マイリースプラン専用の「マイリースパック」をご利用いただければ、めんどうな点検や部品交換も全国2,400店舗の日産のお店で対応が可能です。プロの整備士によるメンテナンスで、お客さまのカーライフをより安心・快適に過ごしていただけるようサポートします。
      *1  「マイリースパック」を選択された場合。

      日産マイリースプランとは

      3年、5年でクルマを乗りかえていくなら、一定期間、一定料金でご利用いただくリースがおすすめ。少ないご予算でも、今すぐご希望の車種にお乗りいただけます。クルマに関わる税金・保険などもリース料に含められるので、急な出費の心配、面倒な手間もありません。

      トップへ戻る

    • クレジットとリースの違い - 1. 頭金 -

      初めてのクルマとして、税金・メンテナンス・保険の全てがコミコミの個人リースに興味を持っています。クレジットとリースの違いは何でしょうか?

      1. 頭金

      ■クレジット : 「頭金」を用意することで月々の支払い額を減らすことが可能

      クレジット契約を結ぶ際、トータルの支払い額に対して、何回払いにするかを決めて、月々の支払い額を算出します。毎月の支払い額を抑えたいなら、「頭金」を用意することで、ある程度、額を減らすことが可能になります。

      ■リース : 頭金相当額を「前払いリース料」として支払うことで月々の支払い額を抑えることも可能

      リースの場合、「頭金」を必要としませんが、顧客の要望に応じて、頭金相当額を前払いリース料として支払うことで月々の支払い額を抑えることも可能です。

      オススメ商品紹介

      日産フィナンシャルサービスでは、お客さまのライフプランに合わせてお支払い方法をお選びいただけるよう「クレジット」に2つの商品をご提供しています。
      「残価設定型クレジット」は、あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から「残価」を差し引いて、残った分を毎月分割してお支払いいただきます。そのため、月々の支払い額を安く抑えることができます。また、選択した期間を乗った後も、最終回お支払い時に「新車にお乗りかえ」「クルマを返却」「クルマをお客さまが買取」の3つのプランからお客さまのそのときの生活状況にあわせた選択が可能です。残価は保証されているので乗りかえ・返却する場合でも安心です。
      「オートクレジット」は均等払いやボーナス併用払いの他、支払回数・支払額を自由に設定することができ、ご都合・ご要望を反映したアレンジできるのが魅力です。

      一方、「日産マイリースプラン」は、頭金なしでも借りることができるだけでなく、リース料に「車両本体・取得税・登録諸費用(届出諸費用)、リース期間中の自動車税(軽自動車税)・重量税・自賠責保険料・メンテナンス(*1)」など、諸費用や税金、保険料の支払いが含まれており、さらにお支払い額は月々定額です。そのため、急な出費に悩まされることもありません。
      さらに、リース料に任意保険を組み込むことも可能です。リース期間中万が一の時、保険をお使いになっても保険料は据え置きです。また、任意保険料を月々のリース料に組み込むと、支払先が一つになり、便利です。保険料は「3年契約プラン」・「5年契約プラン」の場合、月々のリース料に組み込めます。(*2)
      *1  「マイリースパック」を選択された場合。
      *2 「5年契約3年乗りかえ見直し」では任意保険を組み込むことはできません。

      残価設定型クレジットとは

      あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から残価を差し引いて残った分を毎月分割して支払うから負担も軽減されます。支払い最終回時には、新車にお乗りかえ、クルマを返却、クルマを買取からお選びいただくことが可能です。

      オートクレジットとは

      均等払い、ボーナス併用払い、支払い額から期間を選ぶなど、支払回数や月々の支払い額を任意で設定できるので、お客さまお一人おひとりのご都合・ご自分や家族のライフスタイルにあわせた、無理のない支払い方法がお選びいただけます。

      日産マイリースプランとは

      3年、5年でクルマを乗りかえていくなら、一定期間、一定料金でご利用いただくリースがおすすめ。少ないご予算でも、今すぐご希望の車種にお乗りいただけます。クルマに関わる税金・保険などもリース料に含められるので、急な出費の心配、面倒な手間もありません。

      トップへ戻る

    • クレジットとリースの違い - 2.支払い額 -

      初めてのクルマとして、税金・メンテナンス・保険の全てがコミコミの個人リースに興味を持っています。クレジットとリースの違いは何でしょうか?

      2.支払い額

      ■クレジット : ランニングコストや車検時や1年ごとの保険の更新などがかかる

      クレジットでクルマを購入した場合、月々の支払い額のほかに、ガソリン代、オイル代、自動車税や車検代(自賠責保険料含む)、自動車保険料、メンテナンス費用といったランニングコストが発生してきます。また、車検時や1年ごとの保険の更新など、まとまった出費の計画が必要です。

      ■リース : リース料に税金や車検・点検を含めることができるので、急な出費はない

      リース料として支払う金額には、車両の価格以外にも、自動車税、重量税、自賠責保険料、車検代、税金関係の諸費用が含まれており、自動車保険も長期で組み込むことができます。また、メンテナンスをサポートしてくれるサービスもあります。

      オススメ商品紹介

      日産フィナンシャルサービスでは、お客さまのライフプランに合わせてお支払い方法をお選びいただけるよう「クレジット」に2つの商品をご提供しています。
      「残価設定型クレジット」は、あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から「残価」を差し引いて、残った分を毎月分割してお支払いいただきます。そのため、月々の支払い額を安く抑えることができます。また、選択した期間を乗った後も、最終回お支払い時に「新車にお乗りかえ」「クルマを返却」「クルマをお客さまが買取」の3つのプランからお客さまのそのときの生活状況にあわせた選択が可能です。残価は保証されているので乗りかえ・返却する場合でも安心です。
      「オートクレジット」は均等払いやボーナス併用払いの他、支払回数・支払額を自由に設定することができ、ご都合・ご要望を反映したアレンジできるのが魅力です。

      一方、カーリースのメリットは、頭金なしでも借りることができること。また、諸費用や税金、保険料の支払いも、それらに係るめんどうな手続きもまとめてリース会社が代行してくれることです。 「日産マイリースプラン」ならリース料に「車両本体・取得税・登録諸費用(届出諸費用)、リース期間中の自動車税(軽自動車税)・重量税・自賠責保険料・メンテナンス(*1)」が含まれており、さらにお支払い額は月々定額。そのため、急な出費に悩まされることもありません。
      さらに、リース料に任意保険を組み込むことも可能です。(*2)リース期間中万が一の時、保険をお使いになっても保険料は据え置きです。また、任意保険料を月々のリース料に組み込むと、支払い先が一つになり、便利です。
      保険料は「3年契約プラン」・「5年契約プラン」の場合、月々のリース料に組み込めます。(*1)
      *1  「マイリースパック」を選択された場合。
      *2 「5年契約3年乗りかえ見直し」では任意保険を組み込むことはできません。

      残価設定型クレジットとは

      あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から残価を差し引いて残った分を毎月分割して支払うから負担も軽減されます。支払い最終回時には、新車にお乗りかえ、クルマを返却、クルマを買取からお選びいただくことが可能です。

      オートクレジットとは

      均等払い、ボーナス併用払い、支払い額から期間を選ぶなど、支払回数や月々の支払い額を任意で設定できるので、お客さまお一人おひとりのご都合・ご自分や家族のライフスタイルにあわせた、無理のない支払い方法がお選びいただけます。

      日産マイリースプランとは

      3年、5年でクルマを乗りかえていくなら、一定期間、一定料金でご利用いただくリースがおすすめ。少ないご予算でも、今すぐご希望の車種にお乗りいただけます。クルマに関わる税金・保険などもリース料に含められるので、急な出費の心配、面倒な手間もありません。

      トップへ戻る

    • クレジットとリースの違い - 3. 乗りかえ -

      初めてのクルマとして、税金・メンテナンス・保険の全てがコミコミの個人リースに興味を持っています。クレジットとリースの違いは何でしょうか?

      3. 乗りかえ

      ■クレジット : 「乗りかえは」クレジットを完済してからが基本

      クレジットでは、契約時に支払い回数を決定し、完済することが基本となります。しかし、何らかの理由で支払い期間中にほかのクルマを希望する場合は、残債を完済すれば違うクルマに乗りかえることも可能です。
      「残価設定型クレジット」の場合もクレジット終了時に「新しいクルマに乗りかえる」「クルマを買い取る」「クルマを返却する」の3つの選択肢から、顧客がその時の自分の状況に合ったものを選ぶことができます。

      ■リース : 「乗りかえできる」のは基本、契約満了時。だがプランによっては契約中3年目で「見直し」ができるプランも

      リースでは、契約期間を車検到来に合わせることが一般的です。また、契約によって異なりますが、ほとんどのリースプランでは契約満了時に「新しいクルマに乗りかえる」「再リース契約をする」「リース契約したクルマをそのまま買い取る」「リース契約をやめてクルマを返却する」という4つの選択肢から、顧客がその時の自分の状況に合ったものを選ぶことができます。

      オススメ商品紹介

      日産フィナンシャルサービスでは、お客さまのライフプランに合わせてお支払い方法をお選びいただけるよう「クレジット」に2つの商品をご提供しています。
      「残価設定型クレジット」は、あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から「残価」を差し引いて、残った分を毎月分割してお支払いいただきます。そのため、月々の支払い額を安く抑えることができます。また、選択した期間を乗った後も、最終回お支払い時に「新車にお乗りかえ」「クルマを返却」「クルマをお客さまが買取」の3つのプランからお客さまのそのときの生活状況にあわせた選択が可能です。残価は保証されているので乗りかえ・返却する場合でも安心です。
      「オートクレジット」は均等払いやボーナス併用払いの他、支払回数・支払額を自由に設定することができ、ご都合・ご要望を反映したアレンジできるのが魅力です。

      一方、カーリースのメリットは、頭金なしでも借りることができること。また、諸費用や税金、保険料の支払いも、それらに係るめんどうな手続きもまとめてリース会社が代行してくれることです。
      「日産マイリースプラン」ならリース料に「車両本体・取得税・登録諸費用(届出諸費用)、リース期間中の自動車税(軽自動車税)・重量税・自賠責保険料・メンテナンス(*1)」が含まれており、お支払い額は月々定額。そのため、急な出費に悩まされることもありません。さらにリース料に任意保険を組み込むことも可能です。リース期間中万が一の時、保険をお使いになっても保険料は据え置きです。また、任意保険料を月々のリース料に組み込むと、支払い先が一つになり、便利です。
      また、「日産マイリースプラン」では、契約満了時に「①新しいクルマに乗りかえる」「②再リース契約をする」「③リース契約をやめてクルマを返却する」が選べる「3年契約プラン」、「①新しいクルマに乗りかえる」「②再リース契約をする」「③リース契約したクルマをそのまま買い取る」「④リース契約をやめてクルマを返却する」が選べる「5年契約プラン」、5年契約で3年後に乗りかえを選択可能にした「5年契約3年見直しプラン」といった3つのプランをご用意しております。
      *1  「マイリースパック」を選択された場合。

      残価設定型クレジットとは

      あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から残価を差し引いて残った分を毎月分割して支払うから負担も軽減されます。支払い最終回時には、新車にお乗りかえ、クルマを返却、クルマを買取からお選びいただくことが可能です。

      オートクレジットとは

      均等払い、ボーナス併用払い、支払い額から期間を選ぶなど、支払回数や月々の支払い額を任意で設定できるので、お客さまお一人おひとりのご都合・ご自分や家族のライフスタイルにあわせた、無理のない支払い方法がお選びいただけます。

      日産マイリースプランとは

      3年、5年でクルマを乗りかえていくなら、一定期間、一定料金でご利用いただくリースがおすすめ。少ないご予算でも、今すぐご希望の車種にお乗りいただけます。クルマに関わる税金・保険などもリース料に含められるので、急な出費の心配、面倒な手間もありません。

      トップへ戻る

    • カーリース契約の注意点

      カーリースは未経験ですが、興味があります。リース契約する際の留意点を教えて下さい。

      カーリース契約での注意点

      カーリースは、新車に安く乗れる、ランニングコストが抑えられるなど、メリットが多く魅力的です。ただし、注意すべき点もあります。

      ○走行距離制限 : 契約走行距離以上に使用した場合精算が発生します。
       毎月の走行距離を契約時に設定し、設定距離を上回っている場合は、契約満了時に規定の金額で精算します。
      ○原状復帰:  著しい傷等がある場合精算が発生します。
      車両返却する際に著しい傷・凹みがある場合、修復費用は顧客の負担となります。
      ○中途解約 : リース契約中の解約は原則としてできません
       リース契約は満期までの継続が基本となります。「家族が増えたので大きな車に乗りたい」、「事故を起こしたので乗りかえたい」などの希望があっても、中途解約してしまうと、「中途解約金」が発生します。
      ○改造不可 購入時と異なり、車両の改造などはできません。
       車種やグレードなどは選択できますが、原状に復することができないような改造はできません。

      オススメ商品紹介

      「日産マイリースプラン」は、リース車の残価を設定し、それを差し引いた額が月々のクルマ本体のお支払い対象額となります。これに「取得税・登録諸費用(届出諸費用)、リース期間中の自動車税(軽自動車税)・重量税・自賠責保険料・メンナンス(*1)」などの諸費用を足した総額を契約月数で割った金額が月々のリース料となります。
      そのため、お支払い額は月々定額。さらにリース料には諸費用も含まれているので、急な出費に悩まされることもありません。
      また、リース料に任意保険を組み込むことも可能です。(*2)保険料は「3年契約プラン」・「5年契約プラン」の場合、月々のリース料に組み込めます。さらに、メンテナンスをパッケージにした日産マイリースプラン専用の「マイリースパック」をご利用いただければ、めんどうな点検や部品交換も全国2,400店舗の日産のお店で対応が可能です。プロの整備士によるメンテナンスで、お客さまのカーライフをより安心・快適に過ごしていただけるようサポートいたします。
      *1 「マイリースパック」を選択された場合。
      *2 「5年契約3年乗りかえ見直し」では任意保険を組み込むことはできません。

      日産マイリースプランとは

      3年、5年でクルマを乗りかえていくなら、一定期間、一定料金でご利用いただくリースがおすすめ。少ないご予算でも、今すぐご希望の車種にお乗りいただけます。クルマに関わる税金・保険などもリース料に含められるので、急な出費の心配、面倒な手間もありません。

      トップへ戻る

    • クルマを所有していることでかかる費用について知りたい

      4月からの仕事の関係で引っ越す事になりました。今までの生活ではクルマは特に要らなかったのですが、今度の居住地では車がないと不便そうです。これを機に車の購入を検討しようと思います。100万円程度の軽自動車であれば現金で購入をしてもよいのですが、その後の維持費も考えると現金を一気に使ってしまうのが心配です。

      クルマは月額1万円以上の維持費がかかる

      クルマは買った後にもお金がかかります。クルマを所有することでかかるお金と、使用することでかかるお金があります。こうした維持費までを考慮にいれて予算計画を組みましょう。
      例えば、1500ccクラスのクルマの場合、
      ・税金=年間約5万円
      ・自賠責保険料=年間1万6000円程度
      ・点検整備費など=年間約6万円程度
      ・ガソリン代
      ・駐車場代
      ・任意保険料
      がかかります。月額1万円以上が必要になりますので、余裕を持った資金計画が必要です。

      【クルマを所有していることでかかるお金】
      ○ 車検費用(自家用の場合)
      新車で購入した場合は登録から3年後、以降は2年ごとに車検を受けなければなりません。車検には点検・整備費用や検査費用が発生します。
      ○ 法定点検
      乗用車は12ヶ月ごとに義務づけられています。
      ○ 自動車重量税
      クルマの重量に応じてかかる税金(国税)です。車検時に次回車検までの期間分を前払いします。
      ○ 自動車損害賠償責任保険(自賠責)保険料
      自動車損害賠償保障法によって、すべてのクルマが加入しなければならない保険(自賠責)の保険料です。強制保険とも呼ばれています。車検時に次回車検までの期間分を前払いします。

      【クルマを使用することでかかるお金】
      ○ 点検、消耗品・部品交換費用
      クルマを使用すると、オイルやタイヤ、部品の消耗が必ず起こります。走行距離や使用年月に応じて、オイルや消耗部品を交換します。また、日常の仕業点検や、12ヶ月の法定点検などで異常を発見したら、早急な修理や部品交換を行う必要があります。
      ○ 駐車場代
      日常の保管場所としての駐車場代、および外出先での駐車場代やパーキングメーター代。
      ○ 任意保険
      自動車損害賠償責任保険(自賠責)でカバーできない部分を補償します。
      ○ ガソリン代、有料道路代

      オススメ商品紹介

      日産の「残価設定型クレジット」は、あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から「残価」を差し引いて、残った分を毎月分割してお支払いいただきます。そのため、月々の支払い額を安く抑えることができます。また、選択した期間を乗った後も、最終回お支払い時に「新車にお乗りかえ」「クルマを返却」「クルマをお客さまが買取」の3つのプランからお客さまのそのときの生活状況にあわせた選択が可能です。また、残価は保証されているので乗りかえ・返却する場合でも安心です。

      一方、カーリースのメリットは、頭金なしでも借りることができること。また、諸費用や税金、保険料の支払いも、それらに係るめんどうな手続きもまとめてリース会社が代行してくれることです。
      「日産マイリースプラン」ならリース料に「車両本体・取得税・登録諸費用(届出諸費用)、リース期間中の自動車税(軽自動車税)・重量税・自賠責保険料・メンテナンス」が含まれており、さらにお支払い額は月々定額。そのため、急な出費に悩まされることもありません。 さらに、リース料に任意保険を組み込むことも可能です。(*2)リース期間中万が一の時、保険をお使いになっても保険料は据え置きです。また、任意保険料を月々のリース料に組み込むと、支払い先が一つになり、便利です。
      *1 「マイリースパック」を選択された場合。
      *2 「5年契約3年乗りかえ見直し」では任意保険を組み込むことはできません。

      残価設定型クレジットとは

      あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から残価を差し引いて残った分を毎月分割して支払うから負担も軽減されます。支払い最終回時には、新車にお乗りかえ、クルマを返却、クルマを買取からお選びいただくことが可能です。

      日産マイリースプランとは

      3年、5年でクルマを乗りかえていくなら、一定期間、一定料金でご利用いただくリースがおすすめ。少ないご予算でも、今すぐご希望の車種にお乗りいただけます。クルマに関わる税金・保険などもリース料に含められるので、急な出費の心配、面倒な手間もありません。

      トップへ戻る

よくあるご要望

  • お客さまよりいただくご要望をまとめました。自分が知らないクルマの買い方・借り方がたくさんあります。自分に合った買い方・借り方を見つけてください。

    • 月々の支払いをできるだけ低く抑えたい

      独身の20代男性です。現在、3年乗ったミニバンを所有していますが、同じクラスの新車に買いかえたいと思っています。月々の出費はできるだけ抑えたいのですが、僕に最適なクレジットのプランを教えてください。
      クルマの価格から「残価」を差し引いて、残った分を毎月分割して支払う「残価設定型クレジット」

      クルマは高額な買い物です。せっかく好きなクルマを購入しても、支払いに四苦八苦では、カーライフの楽しみも半減してしまいます。クルマを購入するときには、支払いプランを充分に検討し、自分の生活や計画にあったものを選ばなくてはなりません。
      月々の出費はできるだけ抑えたい場合、購入時に残価を設定する「残価設定型クレジット」なら、支払い計画が立てやすく、支払い額も他のクレジットに比べて低く抑えることができます。

      オススメ商品紹介

      「残価設定型クレジット」は、あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から「残価」を差し引いて、残った分を毎月分割して お支払いいただきます。そのため、月々の支払い額を安く抑えることができます。
      また、選択した期間を乗った後も、最終回お支払い時に「新車にお乗りかえ」「クルマをご返却」「クルマをお客さまが買取」の3つのプランからお客さまのそのときの生活状況にあわせた選択が可能です。残価は保証されているのでお乗りかえ・返却する場合でも安心です。

      残価設定型クレジットとは

      あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から残価を差し引いて残った分を毎月分割して支払うから負担も軽減されます。支払い最終回時には、新車にお乗りかえ、クルマを返却、クルマを買取からお選びいただくことが可能です。

      トップへ戻る

    • 自分にピッタリの支払いプランを選びたい

      初めてクルマを購入しようと思っています。支払い方法にはどんなプランがありますか?
      数年先を考えて自分のライフプランにあったお支払い方法を見つけましょう。

      ライフステージが変わればクルマとのつきあいかたも変化します。若いころは新型車への関心が高くても、結婚して子どもが生まれれば、家族にとって便利でいっしょに楽しめるクルマの方がいいと感じ始めます。また、子どもたちが独立した後では、気に入ったクルマで夫婦2人ゆったりとドライブしたいと感じる人も多いはずです。
      クルマの選び方も買い方も人それぞれ。月々の支払いを抑えたい方、数年ごとに最新車種に乗りかえたい人なら「残価設定型クレジット」。気に入ったクルマに長く乗りたい方なら、支払い額や期間を自由に選べる「オートクレジット」がおすすめです。
      また、クルマには「購入」するだけでなく、「利用」するという選択肢もあります。「カーリース」なら、クルマの維持管理費用も含めて月々の支払いが一定で、急な出費や税金等の支払いの手間が省けます。

      オススメ商品紹介

      日産フィナンシャルサービスでは、お客さまのライフプランに合わせてお支払い方法をお選びいただけるよう「クレジット」に2つの商品をご提供しています。
      「残価設定型クレジット」は、あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から「残価」を差し引いて、残った分を毎月分割してお支払いいただきます。そのため、月々の支払い額を安く抑えることができます。
       また、選択した期間を乗った後も、最終回お支払い時に「新車に乗りかえ」「クルマを返却」「クルマをお客さまが買取」の3つのプランからお客さまのそのときの生活状況にあわせた選択が可能です。残価は保証されているのでお乗りかえ・返却する場合でも安心です。
      「オートクレジット」は、均等払いやボーナス併用払いの他、支払回数・支払額を自由に設定することができ、ご都合・ご要望を反映したアレンジできるのが魅力です。
      また、日産の個人向けカーリース「日産マイリースプラン」を利用すれば、リース料に「車両本体・取得税・登録諸費用(届出諸費用)、リース期間中の自動車税(軽自動車税)・重量税・自賠責保険料」が含まれており、さらにお支払い額は月々定額。そのため、急な出費に悩まされることもありません。

      残価設定型クレジットとは

      あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から残価を差し引いて残った分を毎月分割して支払うから負担も軽減されます。支払い最終回時には、新車にお乗りかえ、クルマを返却、クルマを買取からお選びいただくことが可能です。

      オートクレジットとは

      均等払い、ボーナス併用払い、支払い額から期間を選ぶなど、支払回数や月々の支払い額を任意で設定できるので、お客さまお一人おひとりのご都合・ご自分や家族のライフスタイルにあわせた、無理のない支払い方法がお選びいただけます。

      日産マイリースプランとは

      3年、5年でクルマを乗りかえていくなら、一定期間、一定料金でご利用いただくリースがおすすめ。少ないご予算でも、今すぐご希望の車種にお乗りいただけます。クルマに関わる税金・保険などもリース料に含められるので、急な出費の心配、面倒な手間もありません。

      トップへ戻る

    • 毎月定額を支払いたい

      ボーナスは、旅行や趣味に使いたいので、月々の支払い額は定額にしたいのですが、どのようなプランがありますか?
      クレジットで「買う」なら、残価設定型か均等払い、支払い額にあわせて期間を設定するプラン。購入以外にも、リースで「借りる」という選択肢もあり

      せっかくのボーナスだから、クルマ以外にも趣味や旅行にも使いたいという人には、購入時に残価を決める「残価設定型」か、均等払いや支払い額にあわせて支払い期間を設定できるクレジットのブランがあります。
      「残価設定型」は、月々定額で、支払い額も抑えられますが、契約満了すると、「新車に乗りかえ」「買い取り」「返却」からプランを選択することになります。均等払いや支払い額にあわせて支払い期間を設定した場合は、その分、月々の支払い額がボーナスで支払う場合よりも少し高めになるか、支払い期間が長くなります。
      一方、クレジットで「買う」以外に、個人向けのカーリースで「借りる」という選択肢も検討する価値があります。クレジットの場合、月々の支払いとは別に諸費用や税金、保険料、メンテナンスなどの費用がかかりますが、リースならそれらを含めて支払い額を月々定額にすることができます。そのため、急な出費に悩むことなく、クルマの費用を計画的にライフプランに組み込むことが可能になります。

      オススメ商品紹介

      「残価設定型クレジット」は、あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から「残価」を差し引いて、残った分を毎月分割してお支払いいただきます。そのため、月々の支払い額を安く抑えることができます。
      また、選択した期間を乗った後も、最終回お支払い時に「新車にお乗りかえ」「クルマを返却」「クルマをお客さまが買取」の3つのプランからお客さまのそのときの生活状況にあわせた選択が可能です。残価は保証されているのでお乗りかえ・返却する場合でも安心です。
      オートクレジットの「均等払い」は、お支払い期間から割り出した 一定額を毎月お支払いいただくプラン。「Jプラン」は、毎月のお支払い額にあわせて、お支払い期間を設定するプランです。
      また、「日産マイリースプラン」ならリース料に「車両本体・取得税・登録諸費用(届出諸費用)、リース期間中の自動車税(軽自動車税)・重量税・自賠責保険料・メンテナンス(*1)」が含まれており、さらにお支払い額は月々定額。そのため、急な出費に悩まされることもありません。
      *1 「マイリースパック」を選択された場合。

      残価設定型クレジットとは

      あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から残価を差し引いて残った分を毎月分割して支払うから負担も軽減されます。支払い最終回時には、新車にお乗りかえ、クルマを返却、クルマを買取からお選びいただくことが可能です。

      オートクレジットとは

      均等払い、ボーナス併用払い、支払い額から期間を選ぶなど、支払回数や月々の支払い額を任意で設定できるので、お客さまお一人おひとりのご都合・ご自分や家族のライフスタイルにあわせた、無理のない支払い方法がお選びいただけます。

      日産マイリースプランとは

      3年、5年でクルマを乗りかえていくなら、一定期間、一定料金でご利用いただくリースがおすすめ。少ないご予算でも、今すぐご希望の車種にお乗りいただけます。クルマに関わる税金・保険などもリース料に含められるので、急な出費の心配、面倒な手間もありません。

      トップへ戻る

    • 諸費用・税金・保険料などに関するめんどうな手続きも任せたい

      クルマは買った後も維持管理がけっこうめんどう。諸費用・税金・保険料など、クルマに関する手続きを任せられるプランはありますか?
      カーリースなら、諸費用や税金、めんどうな手続きも全部まとめて月々の支払いは定額

      クルマは、購入後も税金や保険に関するさまざまな手続きと支払いが発生し、非常に手間がかかります。カーリースなら、こういった手間をリース会社が請負ますので、月々定額の支払いでクルマに関する出費を分かりやすく見える化できるだけでなく、めんどうな手続きに費やす時間を省いてくれます。クルマにあまり詳しくない女性でも安心です。

      オススメ商品紹介

      カーリースのメリットは、多額の購入資金を必要としないこと。また、諸費用や税金、保険料の支払いに係るめんどうな手続きもまとめてリース会社が代行してくれることです。
      「日産マイリースプラン」ならリース料に「車両本体・取得税・登録諸費用(届出諸費用)、リース期間中の自動車税(軽自動車税)・重量税・自賠責保険料・メンテナンス(*1)」が含まれており、お支払い額は月々定額。そのため、急な出費に悩まされることもありません。さらに、リース料に任意保険を組み込むことができます(*2)。リース期間中、万が一保険をお使いになっても保険料は据え置きです。また、任意保険料を月々のリース料に組み込むと、支払い先が一つになり、便利です。
      *1 「マイリースパック」を選択された場合。
      *2 「5年契約3年見直しプラン」では任意保険を組み込むことはできません。

      日産マイリースプランとは

      3年、5年でクルマを乗りかえていくなら、一定期間、一定料金でご利用いただくリースがおすすめ。少ないご予算でも、今すぐご希望の車種にお乗りいただけます。クルマに関わる税金・保険などもリース料に含められるので、急な出費の心配、面倒な手間もありません。

      トップへ戻る

    • ボーナス月に多く払って、月々の支払いはできるだけ低く抑えたい

      ボーナスが支給される月に20万円ぐらい払って、その他の月々の支払いは低く抑えたいのですが、どんなことにプランを選べばよいですか?
      「ボーナス併用払い」を選ぶなら、自分にあったタイプが選べるプラン

      月々の支払いを軽減するには、ある程度まとまった頭金を用意するか、ボーナス月に多く支払う方法が考えられます。しかし、貯蓄には時間がかかります。必要なときにクルマを購入したい場合、ボーナスを活用する方が現実的かもしれません。ただ、支給時期や金額は、各企業さまざまですから、ボーナス月の支払い方法にも自分にあったタイプが選べるプランを選択するようにしましょう。

      オススメ商品紹介

      「ボーナス併用払い」は、お支払い期間をあらかじめ設定し、毎月一定額を、ボーナス月にはボーナス額をお支払いいただくプランです。
      また、ボーナスの時期や金額についても「年2回のボーナスにあわせたパターン」「夏と冬のボーナス額にあわせてお支払い額を設定できるパターン」「ボーナスを年1回としたパターン」など、さまざまなバリエーションをご用意。お客さまにぴったりのパターンをお選びいただけます。

      オートクレジット -ボーナス併用払い-

      お支払い期間をあらかじめ設定し、毎月一定額を、ボーナス月にはボーナス額をお支払いいただくプランです。ボーナス月に多く支払えば、月々の負担が減らせます。また、ボーナス月と支払い額は自由に設定することが可能です。

      トップへ戻る

    • 月々の支払いには希望の額を指定したい

      クルマの支払いは月々20,000円でと計画しているのですが、それが可能なプランはありますか?
      月々に払える額を設定できる「指定額払いプラン」で、ムリのない支払い計画を

      クルマを分割で購入する場合、短くても3年、長ければ5年~6年もの間、支払いを続けることになります。余裕のない支払いプランを選んでしまったために、結果として他から借金をしなければならないような状況はぜひ避けたいものです。そのためにも月にいくらまでならムリなく支払うことができるのかをシミュレーションすることはとても大事です。
      月々の支払い額を設定したい場合は、月々の支払い額(予算)にあわせて支払い期間を決めることができるプランを選びましょう。1ヶ月にクルマに支払う上限額を決めることができれば、家計を圧迫することなく、より自分の収入にあったバランスのよい購入計画が立てられます。

      オススメ商品紹介

      「Jプラン(指定額払い)」は、ご希望のお支払い額(予算)にあわせて、均等払い、ボーナス併用払いの2通りで、お支払い期間を設定できるプランです。新車の場合、お支払回数を3~72回までの範囲で設定することができます。
      また「フリータイプ(不規則払い)」は、お支払い額・お支払い期間をお客さまのライフプランにあわせて、自由に設定できるプランです。
      たとえば、初回のボーナスのお支払いをパスできる「初回ボーナスパスパターン」や一定期間のお支払い額を少なくできる「ステップパターン」、出費の多い月のお支払いを0円にできる自由設定の「フリーパターン」、年金給付月に合わせた2ヶ月に1度の支払いに設定する「隔月プラン」なども可能です。

      オートクレジット -Jプラン-

      毎月のお支払い額(予算)を先に固定し、そこから期間を割り出すプランです。「均等払い」と「ボーナス併用」どちらの設定も可能です。

      オートクレジット -フリータイプ-

      お支払い額・お支払い期間をお客さまのライフプランにあわせて、あらかじめ自由に設定できるプランです。

      トップへ戻る

    • 支払い額と支払い期間を自由に設定したい

      定年退職した年金受給者です。生活に必要なので軽自動車を購入したいのですが、できれば支払い額と支払い期間を自由に設定したいと思っています。
      「自由払い(フリータイプ)」なら、年金の支給月にあわせて2ヶ月に1回のペースで支払う設定も可能です

      分割で購入したクルマの支払い方法にもさまざまなプランがありますが、最近は、支払い方に柔軟性を持たせて、月によって多く払ったり、少なく払ったりすることができる「自由払い(フリータイプ)」が人気です。「年金の支給月にあわせて2ヶ月に1回のペースで支払いたい」という人や、「ほかのクレジットの支払いがあるから、最初のうちは支払い額を少なくしたい」という人には便利な支払いプランだといえます。

      オススメ商品紹介

      オートクレジットの「フリータイプ」は、お支払い額・お支払い期間をお客さまのライフプランにあわせて、あらかじめ自由に設定できるプランです。
      たとえば、初回のボーナスのお支払いをパスできる「初回ボーナスパスパターン」や一定期間のお支払い額を少なくできる「ステップパターン」、出費の多い月のお支払いを0円にできる自由設定の「フリーパターン」、年金給付月に合わせた2ヶ月に1度の支払いに設定する「隔月プラン」なども可能です。

      オートクレジット -フリータイプ-

      お支払い額・お支払い期間をお客さまのライフプランにあわせて、あらかじめ自由に設定できるプランです。

      トップへ戻る

    • めんどうな車検やメンテナンスサービスも任せたい

      車両管理を担当している者です。購入した営業車における整備の手配営業・管理などが煩雑で、急な修理費の発生等のトラブルに困っています。管理工数を削減できるサービスがあれば教えて下さい。
      クルマを所有したまま面倒なメンテナンス管理をアウトソーシング

      業務で使用するクルマにとって、故障やトラブル回避のためにも定期点検や整備などのメンテナンスは必須です。「車検」が検査時点で国が定める基準に適合しているかを検査するものなのに対して、「定期点検」は、劣化や摩耗するクルマの部品をチェックして、故障が発生する前に整備する「予防整備」ですので、この違いをよく理解し、定期点検を確実に実施しましょう。そのためには点検・整備のプロである整備工場のサポートが欠かせません。
      また車両管理は、専門知識が必要なだけでなく煩雑で手間もかかります。車両のメンテナンス管理をアウトソーシングできるサービスを利用すれば、クルマを所有したままでも、修理・車検などの煩わしい管理業務を削減することができます。

      オススメ商品紹介

      日産フィナンシャルサービスでは、保有形態に係わらず、現在ご使用中のクルマの点検整備、修理・車検など車両管理業務をお客さまに代わってお引き受けする「メンテナンス受託サービス」をご提供しています。
      「メンテナンス受託サービス」なら、提携先を含む全国4,600のサービス工場で、高品質なメンテナンスをご利用いただけるので、日産フィナンシャルサービスのスケールメリットを活かし、メンテナンスの質を落とさずコスト削減できます。また、車両の入替時に順次リース契約に切り替えることによって、さらに車両購入に伴う工数を削減することも可能です。
      さらに365日サポート体制で迅速で細やかなサービスをご提供しているカスタマーセンターも設けております。予測できない事故やトラブル発生時、専任スタッフが処理方法のアドバイスやロードサービス・整備工場への手配を行い、お客さまをしっかりとサポートします。

      メンテナンス受託サービス

      保有形態に係わらず、現在ご使用中のクルマの点検や整備などの車両管理業務を、お客さまにかわって日産フィナンシャルサービスがお引き受けするサービスです

      トップへ戻る

    • 業務軽減・コスト削減・節税したい

      会社で使うクルマのリースを考えているのですが、業務軽減・コスト削減・節税などの面でのメリットを詳しく教えて下さい。
      たくさんある法人カーリースのメリット

      リースの場合、車両本体・取得税・登録諸費用、リース期間中の自動車税・重量税・自賠責保険料などの費用はリース料に含まれており、リース会社が支払うので、自分で支払う必要がありません。
      さらに企業にとってリースには上記以外にも次のようなメリットがあります。

      1. 手元資金を温存できる
        クルマを購入するとなると、まとまった現金が必要ですがリースなら「購入資金」が不要です。起業したての会社の場合、事業拡大のためにまとまった現金を手元資金として残しておくに越したことはありません。
      2. 全額経費にできる
        リース料は全額経費処理できます。リース取引に係わる会計・税務上のお取り扱いはお客さまにより異なりますので公認会計士・税理士等の専門家にご相談・ご確認ください。
      3. コストの把握がしやすい
        あらかじめ、毎月支払うべきリース料は決まっています。そのため、クルマにかかるコストの把握がしやすく、キャッシュフローの見通しや事業計画・予算の策定が簡単にできるのもリースの大きなメリットです。
      4. 業務をアウトソースできる
        企業がクルマを所有した場合、さまざまな付随業務が発生します。たとえば、購入の手続き、公租公課の納付、保険の加入、車検・点検、一般修理の手配など大変な手間がかかります。しかし、リースの場合は煩わしい車両管理業務はお客さまに代わってリース会社が行いますので大幅に業務の削減が可能です。

      オススメ商品紹介

      カーリースのメリットは、税金、保険料等の支払い、それらに係るめんどうな手続きもまとめてリース会社が代行することです。
      企業の車両管理業務には、車両購入から整備費支払い、資金繰りや予算管理といった車両管理義務がありますが、リース化することでおおよそ3分の1の時間に削減できます。
      さらに「フリートサービス」では、メンテナンスの提供から、web上での契約車両の一元管理ができる「車両管理システム」、全国どこのスタンドでもご利用いただけ一括請求が可能な「給油カード」、高速道路料金の支払いを簡素化し、利用データをWeb上で管理できる「ETCカード」などをご利用いただけます。日産フィナンシャルサービスの総合力で提供する多彩なサービスと最新の管理システムで、さらにお客さまのビジネスを加速させます。
      また、お客さまが所有されている車両をリース化し、その車両をリースによってご使用いただく「リースバック」もご提供しています。リースバックは、全車両を一挙にリース化し、リース車両と社有車の混在による管理面での煩わしさを排除でき、リース導入のメリットをすぐに享受できます。

      法人カーリースとは

      毎月定額のリース料をお支払いいただくだけで日産の新車をご利用いただけます。リース料には車両代金のほか、リース期間中の自動車諸税が含まれているので、車両購入の手続きから納税などのクルマに関する煩わしい業務を削減できます。 さらに、メンテナンスや任意保険を含むことにより、クルマに関わるコストの一元化も可能です。

      リースバック

      お客さまが所有されている全車両を一挙にリース化できるサービスです。リース車両と社有車の混在による管理面での煩わしさを排除でき、リース導入のメリットをすぐに享受できます。

      フリートサービス

      車両管理からリスク管理、コスト管理までビジネスを総合的にサポート。日産フィナンシャルサービスの総合力で、多彩なサービスと最新の管理システムをご提供いたします。

      トップへ戻る

    • 定期的に新型車に乗りかえたい

      クルマが好きなので、できればどんどん新型車に乗ってみたいと思っています。乗りかえしやすい支払いプランはありますか?
      月々の支払いを出来るだけ抑えて、どんどん新車に乗りかえたい人には「残価設定クレジット」や「個人向けカーリース」がおすすめ

      残価設定クレジットには、以下の4つのメリットがあります。
      ・新車を買うとき、月々定額で支払いが安くなる
      ・3~5年後に車を手放す予定なら、安く新車に乗ることができる
      ・車を3年で手放すなら、車検費用を払わなくて良い
      ・初期費用を抑えて新車を乗りかえていくことができる
      つまり、「残価設定クレジット」の支払いを終えた人は、車を購入したディーラーに返却して、新しい車を買うことができます。この際、残価設定ローン組んで乗っていた車の下取り額は発生しません。新しい車については、あらためて購入方法を検討する必要があります。

      また、「借りる」という形の新しいクルマとの付き合い方として注目されているカーリースも、
      ・リース料に税金や保険料、諸費用が含まれているので月々の支払いが定額で急な出費がない
      ・任意保険もリース料に入れることができる
      などのメリットがあります。

      オススメ商品紹介

      「残価設定型クレジット」は、あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から「残価」を差し引いて、残った分を毎月分割してお支払いいただきます。そのため、月々の支払い額を安く抑えることができます。なお、お支払回数は、36回,48回,60回からお選びいただけます。
      また、選択した期間を乗った後も、最終回お支払い時に「新車にお乗りかえ」「クルマを返却」「クルマをお客さまが買取」の3つのプランからお客さまのそのときの生活状況にあわせた選択が可能です。残価は保証されているのでお乗りかえ・返却する場合でも安心です。
      同様に「日産マイリースプラン」もリース車の残価を設定し、車両本体から残価を差し引いた額がお支払い対象となります。これに「取得税・登録諸費用(届出諸費用)、リース期間中の自動車税(軽自動車税)・重量税・自賠責保険料・メンテナンス(*1)」などの諸費用を足した総額をリース月数で割った金額が月々のリース料となります。お支払い額が月々定額なので、急な出費に悩まされることもありません。
      「3年」「5年契約3年後見直し」の3つのプランを選んでで頂ければ3年後に新車に乗りかえる選択をすることが可能です。
      *1 「マイリースパック」を選択された場合。

      残価設定型クレジットとは

      あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から残価を差し引いて残った分を毎月分割して支払うから負担も軽減されます。支払い最終回時には、新車にお乗りかえ、クルマを返却、クルマを買取からお選びいただくことが可能です。

      日産マイリースプランとは

      3年、5年でクルマを乗りかえていくなら、一定期間、一定料金でご利用いただくリースがおすすめ。少ないご予算でも、今すぐご希望の車種にお乗りいただけます。クルマに関わる税金・保険などもリース料に含められるので、急な出費の心配、面倒な手間もありません。

      トップへ戻る

    • 住宅ローンの支払いがあるので支払いが心配

      住宅を購入したばかりでお金がないのですが、新車も欲しいと思っています。住宅ローンを支払いながらでもクルマを買うことはできますか?
      月々一定額の支払いで、住宅ローンを返済しながら毎月の収支を計画的にコントロール

      住宅購入時に頭金として貯蓄を利用した場合、無理にクルマを現金で一括購入すると、その後のライフプランに支障をきたすことにもつながります。まずは住宅ローンを今後どのように返済していくかが大きな検討事項です。そして住宅ローンとクルマの購入資金とに区別して、いずれも返済がしっかりできる資金計画をたてる必要があります。
      たとえば、新車の購入にあたっては「残価設定型クレジット」を検討してみてはどうでしょうか?「残価設定型クレジット」であれば、月々の負担を抑えながら、数年後には子さまの成長など家族環境の変化にあわせて違う車に乗りかえることも可能です。また、月々一定額の支払いなのでライフプランの設計がしやすく、住宅ローンを返済しながら毎月の収支を計画的にコントロールすることも可能だと思います。
      ただし、お子さまの育児により奥様の収入が減る可能性も想定して、「残価設定型クレジット」の契約では、あえて分割回数を多くして不測の事態にも毎月の収支が赤字にならないような資金計画をたてておくことも大切です。
      また、月々定額の支払いに出来るという点では、カーリースという手段もあります。リースにおいても購入の場合と同様にクルマを使用することができます。さらにリース期間中の税金や諸費用もリース料に含まれているので、購入より年間の支払い計画が立てやすいのがメリットです。

      オススメ商品紹介

      「残価設定型クレジット」は、あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から「残価」を差し引いて、残った分を毎月分割して お支払いいただきます。そのため、月々の支払い額を安く抑えることができます。なお、お支払回数は、36回,48回,60回からお選びいただけます。
      また、選択した期間を乗った後も、最終回お支払い時に「新車にお乗りかえ」「クルマをご返却」「クルマをお客さまが買取」の3つのプランからお客さまのそのときの生活状況にあわせた選択が可能です。残価は保証されているのでお乗りかえ・返却する場合でも安心です。
      同様に「日産マイリースプラン」もリース車の残価を設定し、車両本体から残価を差し引いた額がお支払い対象となります。これに「取得税・登録諸費用(届出諸費用)、リース期間中の自動車税(軽自動車税)・重量税・自賠責保険料・メンテナンス」などの諸費用を足した総額をリース月数で割った金額が月々のリース料となります。お支払い額が月々定額なので、急な出費に悩まされることもありません。なお、契約プランは「5年プラン」「3年プラン」「5年契約3年後見直しプラン」の3つです。
      「3年」「5年契約3年後見直し」プランを選んでで頂ければ3年後に新車に乗りかえる選択をすることが可能です。

      残価設定型クレジットとは

      あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から残価を差し引いて残った分を毎月分割して支払うから負担も軽減されます。支払い最終回時には、新車にお乗りかえ、クルマを返却、クルマを買取からお選びいただくことが可能です。

      日産マイリースプランとは

      3年、5年でクルマを乗りかえていくなら、一定期間、一定料金でご利用いただくリースがおすすめ。少ないご予算でも、今すぐご希望の車種にお乗りいただけます。クルマに関わる税金・保険などもリース料に含められるので、急な出費の心配、面倒な手間もありません。

      トップへ戻る

    • 子どもの養育費もかかるので支払いが心配

      新車の購入を検討していますが、子供の教育費などを考えると現金一括で購入してよいのか迷っています。現金一括で購入した場合と、そうではない他の方法とを比較検討した時にどちらの方が望ましいのでしょうか?
      教育費の準備のためには、一括払いを選択するよりある程度貯蓄を残しつつクレジットやカーリースがベスト

      2016年の文科省の調査 (*1) によれば、幼稚園から高校まで公立、大学のみ私立の場合、子ども1人当たりの教育資金総額は、平均約969万円だとしています。教育費の備えを行いつつ、カーライフを楽しむことができるライフプランを考えた場合、大学費用はお子さまが高校卒業時までに貯めることが望ましいでしょう。
      これらの資金や今後の生活における環境変化を想定すると、クルマ購入のために現金一括払いを選択するよりは、ある程度貯蓄を残しつつクレジット払いを選んだ方が資金繰りとしては安心です。また、クレジット払いを利用し、余裕が出きれば一括返済を行うことも可能です。毎月の収入から無理のない返済を行いつつ、3年~5年を目安に約1,000万円の貯蓄を目指す事ができれば、教育費の心配はなくなります。
      また、月々定額で支払い額も抑えられるという点では、カーリースも検討の余地があります。リースにおいても購入の場合と同様にクルマを使用することができます。さらにリース期間中の税金や諸費用もリース料に含まれているので、購入より年間の支払い計画が立てやすいのがメリットです。
      ※1 文部科学省「子供の学習費調査(平成26年度)」、「私立大科学等の入学者に係る学生納付金等調査結果」より

      オススメ商品紹介

      日産フィナンシャルサービスでは、お客さまのライフプランに合わせてお支払い方法をお選びいただけるよう「クレジット」に2つの商品をご提供しています。
      「残価設定型クレジット」は、あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から「残価」を差し引いて、残った分を毎月分割して お支払いいただきます。そのため、月々の支払い額を安く抑えることができます。
      また、選択した期間を乗った後も、最終回お支払い時に「新車にお乗りかえ」「クルマをご返却」「クルマをお客さまが買取」の3つのプランからお客さまのそのときの生活状況にあわせた選択が可能です。残価は保証されているのでお乗りかえ・返却する場合でも安心です。
      「オートクレジット」は、均等払いやボーナス併用払いの他、支払回数・支払額を自由に設定することができ、ご都合・ご要望を反映したアレンジできるのが魅力です。
      同様に「日産マイリースプラン」においてもクルマの価格から「残価」を差し引いた額がお支払い対象となります。これに「取得税・登録諸費用(届出諸費用)、リース期間中の自動車税(軽自動車税)・重量税・自賠責保険料・金利・メンテナンス(*1)」などの諸費用を足した総額をリース月数で割った金額が月々のリース料となります。お支払い額が月々定額なので、急な出費に悩まされることもありません。
      「3年」「5年契約3年後見直し」の3つのプランを選んでで頂ければ3年後に新車に乗りかえる選択をすることが可能です。
      *1 「マイリースパック」を選択された場合。

      残価設定型クレジットとは

      あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から残価を差し引いて残った分を毎月分割して支払うから負担も軽減されます。支払い最終回時には、新車にお乗りかえ、クルマを返却、クルマを買取からお選びいただくことが可能です。

      オートクレジットとは

      均等払い、ボーナス併用払い、支払い額から期間を選ぶなど、支払回数や月々の支払い額を任意で設定できるので、お客さまお一人おひとりのご都合・ご自分や家族のライフスタイルにあわせた、無理のない支払い方法がお選びいただけます。

      日産マイリースプランとは

      3年、5年でクルマを乗りかえていくなら、一定期間、一定料金でご利用いただくリースがおすすめ。少ないご予算でも、今すぐご希望の車種にお乗りいただけます。クルマに関わる税金・保険などもリース料に含められるので、急な出費の心配、面倒な手間もありません。

      トップへ戻る

ケーススタディ

  • より具体的なケーススタディをまとめました。自分の現状に合った記事を見つけてください。

    • 20代・女性 Nさまの場合 : 残価設定型クレジット

      電気自動車に興味があったNさまには、「ノート e-POWER MEDALIST(2WD)」を残価設定型クレジットでご契約いただきました。「残価設定型クレジットがなければ、ノートよりも安いクルマを選んでいたと思います。次も残価設定型クレジットを利用して今よりも大きいクルマを購入したいと考えています」とご満足いただいています。
        *
       ノート e-POWER MEDALIST は、「ニッサン インテリジェント モビリティ」を象徴するエンジンで発電して、モーターだけで走る自動運転化技術 “ e-POWER ” を搭載。モータードライブの楽しさと燃費性能の両立を実現するクルマです。

      ファイナンシャル・プランナーからのコメント

      ■無理のない範囲で、ワンランク上をめざすなら残価設定型クレジット

      残価設定型クレジットは、は、あらかじめ残価を除いた分を支払うことで月々の支払い額を抑えることができます。そのため、グレードが高いクルマ、さらに最新技術を搭載しているクルマがより手に入りやすいだけでなく、支払いを抑えられた分、余資の活用や突然の出費の備えにも役立てられます。
       ライフプランニングでは無理のない範囲で、いかにあなたの希望を実現するかがポイントです。購入後の維持費なども考慮したうえで、オートクレジットもしくは残価設定型クレジットを活用した無理のない資金計画を立てていきましょう。

      オススメ商品紹介

      残価設定型クレジットとは

      あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から残価を差し引いて残った分を毎月分割して支払うから負担も軽減されます。支払い最終回時には、新車にお乗りかえ、クルマを返却、クルマを買取からお選びいただくことが可能です。

      トップへ戻る

    • 20代・女性 Mさまの場合 : オートクレジット -均等払い-

      「ボーナスは、クルマ以外にも趣味や旅行にも使いたい」というMさまには、オートクレジットの「均等払い」プランで「デイズ」をご購入いただきました。

      ファイナンシャル・プランナーからのコメント

      ■「ボーナスは自分への投資に使いたい」という方向きの「均等払い」

      クルマは高額な買い物ですので、その費用を計画的にライフプランに組み込むことが必要です。支払い期間をあらかじめ設定し、月々一定額を支払う「均等払い」は、毎月の計画が立てやすいプランです。また、ボーナスを支払い計画に入れないことから、クルマ以外にも自分への投資に使いたいという人には良いでしょう。

      オススメ商品紹介

      オートクレジットとは

      均等払い、ボーナス併用払い、支払い額から期間を選ぶなど、支払回数や月々の支払い額を任意で設定できるので、お客さまお一人おひとりのご都合・ご自分や家族のライフスタイルにあわせた、無理のない支払い方法がお選びいただけます。

      オートクレジット -均等払い-

      ボーナス併用なしで、月々一定額をお支払いいただくプランです。設定したお支払い期間から割り出した月額をお支払いいただくので、毎月の計画が立てやすくなります。

      トップへ戻る

    • 20代 男性 Nさまの場合 : 日産マイリースプランの「5年契約プラン」

      「初めてのクルマなので、税金・メンテナンス・保険など、必要な費用や手続きについて何も知りませんでした。そこで、これら全てがコミコミの個人リースに興味を持っていました」というNさまには、日産マイリースプランの「5年契約プラン」で、手頃でよく走る「ノート」をお選びいただきました。
         *
      「日産マイリースプラン」は頭金が不要で、リース料金に「車両本体・取得税・登録諸費用(届出諸費用)、リース期間中の自動車税(軽自動車税)・重量税・自賠責保険料・メンテナンス」が含まれており、それらを含めて月々定額でご利用いただけます。

      ファイナンシャル・プランナーからのコメント

      ■月々の支払い額を定額にできて、維持コストや管理面でも楽なのがカーリース

      カーリースは、顧客希望するクルマをリース会社が購入し、契約期間中一定の料金で賃貸する契約です。所有者はリース会社となりますが、使用者は顧客名義となり、購入したときと同じようにクルマを利用することができます。
      また、リース料にリース期間中の税金や自賠責保険料が含まれており、それらを含めて月々定額で利用できるメリットがあります。そのため、維持コストや管理面でも楽なのが特徴です。

      オススメ商品紹介

      日産マイリースプランとは

      3年、5年でクルマを乗りかえていくなら、一定期間、一定料金でご利用いただくリースがおすすめ。少ないご予算でも、今すぐご希望の車種にお乗りいただけます。クルマに関わる税金・保険などもリース料に含められるので、急な出費の心配、面倒な手間もありません。

      トップへ戻る

    • 20代・男性 Kさまの場合 : 日産カード

      Kさまは、社会人になり「日産ノート」を購入された際に、日産カードVisaに加入されました。ドライブが趣味のKさまは、おひとりでドライブ中、少し出っ張ったブロックに引っ掛けてしまいパンクしてしまいました。
      自走不能となってしまい、どうしようかと考えたKさまは、日産カードの『スーパーレスキューコール24』のサービスを思い出しました。すぐにコールセンターへ電話したところ、「担当の方がJAFを手配してくれて、テキパキと対処してくれました」とご満足いただきました。
         *
      「スーパーレスキューコール24」は、日産カード会員さまがご利用いただけるロードアシスタンスサービスです。日本最大級の出動ネットワークで、365日24時間体制でお客さまをサポートいたします。また、費用補償の対象となる場合は、最大総額53万円まで費用補償をいたします。もしもの事故や、お出かけ先でおクルマが故障したときなどは、迷わず「日産カードスーパーレスキューコール24」へ ご連絡ください。

      ファイナンシャル・プランナーからのコメント

      ■万が一のトラブルに備えてロードサービスの入会は必要

      せっかくの楽しいドライブも、途中でトラブルが起きたりすれば、楽しい気持ちも吹き飛びます。そんな万が一の事故や故障に備えて、クルマに乗る限りは、ロードサービスの入会は必要です。
      また、ご自分の加入したロードサービスについて、サービス内容を再度確認しましょう。事故以外でも故障、パンク、キーの閉じ込め、ガス欠などのトラブルでも、無償で駆けつけてくれるような内容になっているか確認しておく必要があります。

      オススメ商品紹介

      日産カード

      ハウスカード、Visa・Mastercardなど多彩なバリエーションをご用意しています。カーライフはもちろん、日常のあらゆるシーンでみなさまをサポートします。

      スーパーレスキューコール24

      日産カード会員専用のロードアシスタンスサービスです。お電話一本で、365日24時間体制 でお客さまをサポートいたします。

      トップへ戻る

    • 30代 男性 Eさまの場合 : 残価設定型クレジット

      「新車を購入したいが、結婚式を控えているので、月々の支払いはできるだけ安く抑えたい」というアウトドアスポーツがお好きなEさまには、「残価設定型クレジット」でフルモデルチェンジした「エクストレイル」をご契約いただきました。
        *
       エクストレイルは、「ニッサン インテリジェント モビリティ」を象徴する、高速道路 同一車線自動運転技術「プロパイロット」搭載の本格SUVのパフォーマンスで、かつてない走破性と操縦安定性を発揮するハイパフォーマンスの圧倒的な走破性と操縦安定性でご好評いただいています。

      ファイナンシャル・プランナーからのコメント

      ■月々の支払い額を抑えたいなら残価設定型クレジット

      残価設定型クレジットは、通常のクレジットよりも月々の支払い額が抑えられる支払い方法として、人気の高いクレジットです。購入時にあらかじめ数年先のクルマの「残価」を設定し、その額を差し引いた分だけ、分割して支払うので、月々の支払いを抑えるのが可能なのです。残価は保証されているので、将来の中古相場の変動を心配する必要がないことも人気の要因のひとつとなっています。
      Eさんのように30代で独身の場合、将来の結婚や家族構成に変化があった場合を想定して、貯蓄などの準備をする必要もあります。クルマは数年間の所有を前提にした決して安くはない買い物ですから、嗜好を求めながらもムリのない計画的なプランを立てることが大事です。

      オススメ商品紹介

      残価設定型クレジットとは

      あらかじめ乗る期間を決め、クルマの価格から残価を差し引いて残った分を毎月分割して支払うから負担も軽減されます。支払い最終回時には、新車にお乗りかえ、クルマを返却、クルマを買取からお選びいただくことが可能です。

      トップへ戻る

    • 30代・男性 Eさまご一家の場合 : オートクレジット -ボーナス併用払い-

      「ボーナス月には多く支払って、月々の支払いは生活費の中からやりくりしたい」というEさまには、オートクレジット の「ボーナス併用払い」で「セレナ」をご購入いただきました。

      ファイナンシャル・プランナーからのコメント

      ■「ボーナス併用払い」を選ぶなら、自分にあったタイプが選べるプランを

      月々の支払いを軽減するには、ある程度まとまった頭金を用意するか、ボーナス月に多く支払う方法が考えられます。しかし、貯蓄には時間がかかります。必要なときにクルマを購入したい場合、ボーナスを活用する方が現実的です。ただ、支給時期や金額は、各企業さまざまですから、ボーナス月の支払い方法にも自分にあったタイプが選べるプランを選択するようにしましょう。

      オススメ商品紹介

      オートクレジットとは

      均等払い、ボーナス併用払い、支払い額から期間を選ぶなど、支払回数や月々の支払い額を任意で設定できるので、お客さまお一人おひとりのご都合・ご自分や家族のライフスタイルにあわせた、無理のない支払い方法がお選びいただけます。

      オートクレジット -ボーナス併用払い-

      お支払い期間をあらかじめ設定し、毎月一定額を、ボーナス月にはボーナス額をお支払いいただくプランです。ボーナス月に多く支払えば、月々の負担が減らせます。また、ボーナス月と支払い額は自由に設定することが可能です。

      トップへ戻る

    • 30代・男性 Nさまの場合 : 日産カード

      新車購入から3年が経ち、初めての車検を迎えられたNさま。新車購入時に日産カードVisaにご加入いただいたこともあり、車検代金は日産カードVisaでお支払いされました。
      日産カードでお支払いいただくと、全国の日産販売会社での車検・点検・整備・部用品のご購入時は5%割引となるため、「車検は金額も高いので、割引は嬉しい!」とNさまにはご満足いただけました。
      日産カードは、日産販売会社での割引サービスや日産ポイントが貯まるおトクなカードです。日産カードでお支払いいただくと、全国日産販売会社での車検や整備・部用品のご購入などが5%割引になります。

      ファイナンシャル・プランナーからのコメント

      ■販売会社での車検は、しっかりとした対応とたしかな技術、整備保証等もついて安心

      自動車を購入した、もしくは所有する自動車メーカーのディーラーで受ける車検は、その車種に対して高い技術と専門性を持つプロであり、部品供給も正規のものなので安心です。
      ディーラー車検の場合、整備内容をメーカーが決め、その通り点検して修理します。また、専用のチェックシステムによる機器診断をすることもディーラー車検の強みでしょう。そのため、何か問題点があれば、故障の前兆を見逃すことなく把握できるのです。

      オススメ商品紹介

      日産カード

      ハウスカード、Visa・Mastercardなど多彩なバリエーションをご用意しています。カーライフはもちろん、日常のあらゆるシーンでみなさまをサポートします。

      トップへ戻る

    • 40代・男性 Rさまご一家の場合 : オートクレジット -Jプラン-

      「子供の教育費や住宅ローンもあるので、クルマの月々の支払いはムリのない額にしたい」というRさまは、オートクレジットの「Jプラン」で「セレナ」をご購入いただきました。
         *
      日産オートクレジットの「Jプラン」は、ご希望のお支払い額(予算)にあわせて、均等払い、ボーナス併用払いの2通りで、お支払い期間を設定できるプランです。新車の場合、お支払回数を3~72回までの範囲で設定することができます。

      ファイナンシャル・プランナーからのコメント

      ■月々に払える額を設定できる「指定額払いプラン」で、ムリのない支払い計画を立てる

      クルマを分割で購入する場合、短くても3年、長ければ5年~6年もの間、支払いを続けることになります。余裕のない支払いプランを選んでしまったために、結果として他から借金をしなければならないような状況はぜひ避けたいものです。そのためにも月にいくらまでならムリなく支払うことができるのかをシミュレーションすることはとても大事です。
      月々の支払い額を設定したい場合は、月々の支払い額(予算)にあわせて支払い期間を決めることができるプランを選びましょう。1ヶ月にクルマに支払う上限額を決めることができれば、家計を圧迫することなく、より自分の収入にあったバランスのよい購入計画が立てられます。

      オススメ商品紹介

      オートクレジットとは

      均等払い、ボーナス併用払い、支払い額から期間を選ぶなど、支払回数や月々の支払い額を任意で設定できるので、お客さまお一人おひとりのご都合・ご自分や家族のライフスタイルにあわせた、無理のない支払い方法がお選びいただけます。

      オートクレジット -Jプラン-

      毎月のお支払い額(予算)を先に固定し、そこから期間を割り出すプランです。「均等払い」と「ボーナス併用」どちらの設定も可能です。

      トップへ戻る

    • 40代 女性 Fさまの場合 : 日産マイリースプランの「5年契約、3年後見直しプラン」

      「通勤や子どもの送り迎えなど、毎日の移動手段のほとんどがクルマです。使う頻度も高いので、常に安心して乗れることがなにより大事です。でも、子どもが成長したら、それに合わせてクルマも乗りかえたいとも思っていました。その点で、日産マイリースプランが私にはぴったりでした」というFさまには、日産マイリースプランの「5年契約、3年後見直しプラン」をお選びいただきました。
      Fさまは、まず取り回しのいい「デイズ ルークス」でご契約。お子さまが大きくなった3年目の見直しでは、室内が広い「セレナ」に乗りかえられました。
         *
      「日産マイリースプラン」なら、税金や保険など諸費用も全て含めて月々定額のお支払いで、メンテナンスも付いているから安全・安心です。「5年契約、3年後見直しプラン」であれば、3年目に「新車に乗りかえ」、「今のクルマに乗り続ける」のいずれかを選択いただくことができます。

      ファイナンシャル・プランナーからのコメント

      ■カーリースの「見直し」時期に家族の成長に合わせクルマを乗りかえ

      徒歩や自転車での送迎では難しく、雨でも安心な毎日乗れる小回りの利く車が必要になる、ということもあります。大事な家族を乗せ、毎日、安全な運転を続けるためにも、定期的なメンテナンスか必要ですから、それをサポートしてくれるカーリースはとても便利です。
      また、子どもたちの成長は早く、それにともない活動の場も広がります。契約したクルマが、5年後の見直し前に、子どもたちの成長に合わなくなっていることもあります。リースの場合、基本的には契約期間中に別の車種に乗りかえることはできませんが、3年目に継続するか新車に乗りかえるかを選ぶことができる「5年契約、3年後見直しプラン」なら、家族みんなが満足いくカーライフを楽しめるのではないでしょうか。

      オススメ商品紹介

      日産マイリースプランとは

      3年、5年でクルマを乗りかえていくなら、一定期間、一定料金でご利用いただくリースがおすすめ。少ないご予算でも、今すぐご希望の車種にお乗りいただけます。クルマに関わる税金・保険などもリース料に含められるので、急な出費の心配、面倒な手間もありません。

      トップへ戻る

    • 60代・男性 Hさまご夫婦の場合 : オートクレジット -フリータイプ-

      「老後を考えて、これまでのセダンからとり回しやすいコンパクトカーに乗りかえたいが、支払いは毎月ではなく年金の受給にあわせて2ヶ月ごとにしたい」というHさまには、オートクレジットの「フリータイプ」で「マーチ」をご購入いただきました。
      オートクレジットの「フリータイプ」は、お支払い額・お支払い期間をお客さまのライフプランにあわせて、あらかじめ自由に設定できるプランです。 Hさまには、「隔月プラン」をお選びいただき、2ヶ月に1度の支払いのご要望に対応させていただきました。

      ファイナンシャル・プランナーからのコメント

      ■「自由払い(フリータイプ)」なら、年金の支給月にあわせて2ヶ月に1回のペースで支払う設定も可能

      分割で購入したクルマの支払い方法にもさまざまなプランがありますが、最近は、支払い方に柔軟性を持たせて、月によって多く払ったり、少なく払ったりすることができる「自由払い(フリータイプ)」が人気です。「年金の支給月にあわせて2ヶ月に1回のペースで支払いたい」という人や、「ほかのクレジットの支払いがあるから、最初のうちは支払い額を少なくしたい」という人には便利な支払いプランだといえます。

      オススメ商品紹介

      オートクレジットとは

      均等払い、ボーナス併用払い、支払い額から期間を選ぶなど、支払回数や月々の支払い額を任意で設定できるので、お客さまお一人おひとりのご都合・ご自分や家族のライフスタイルにあわせた、無理のない支払い方法がお選びいただけます。

      オートクレジット -フリータイプ-

      お支払い額・お支払い期間をお客さまのライフプランにあわせて、あらかじめ自由に設定できるプランです。

      トップへ戻る

    • 60代 男性 Sさまの場合 : 日産マイリースプランの「3年契約プラン」

      「仕事をリタイヤした後は、乗りたいクルマに手軽に乗りたいと考えていたところ、毎月定額払いで、税金・メンテナンス・保険の全てがコミコミの個人リースを知って興味を持ちました」というFさまには、日産マイリースプランの「3年契約プラン」で、「シルフィ」をお選びいただきました。
         *
      「日産マイリースプラン」なら、税金や保険など諸費用も全て含めて月々定額のお支払いで、メンテナンスも付いているから安全・安心です。「3年契約プラン」であれば、契約満了時に「新車に乗りかえ」「今のクルマに乗り続ける」、「車両返却」かのいずれかを選択いただくことができます。

      ファイナンシャル・プランナーからのコメント

      ■新しいクルマにどんどん乗りかえられるのがカーリースのメリット

      60歳以上になると、お子さまの自立や退職金などでこれまでよりも自由に使えるお金が増える場合もあります。また、「いつまでクルマに乗れるのか(運転できるか)?」ということも、そろそろ考え始めなければなりません。
      頭金なしで乗りたいクルマに乗れるのが、カーリースのメリットです。また、月々定額の支払いなので、クルマの維持計画が立てやすいだけでなく、急な出費の心配もありません。さらに、「リース」だからこそ、同じ予算でワンランク上のクルマに乗れるというメリットもあります。

      オススメ商品紹介

      日産マイリースプランとは

      3年、5年でクルマを乗りかえていくなら、一定期間、一定料金でご利用いただくリースがおすすめ。少ないご予算でも、今すぐご希望の車種にお乗りいただけます。クルマに関わる税金・保険などもリース料に含められるので、急な出費の心配、面倒な手間もありません。

      トップへ戻る

    • 建設業 K社さまの場合 法人リース / メンテナンスサービス

      ・車の使用目的 : 資材と人の運搬
      ・保有車両 : ビジネスバン
      ・保有台数 : 5台

      「建設現場が各地にあり走行距離が多く、さらに資材も重量があるためクルマに負担が大きい」と故障を心配されていた建設業のK社さまには、メンテナンスリースをお選びいただきました。
         *
      日産のメンテナンスリースは、全国4,600ヶ所のサービス工場が車両を万全に整備することで、お客さまの安全かつクルマの効率的な稼働体制をバックアップしています。

      ファイナンシャル・プランナーからのコメント

      ■故障を心配せず安心してクルマに乗ることができるメンテナンスリース

      業務で使用するクルマには、安全性と効率的な稼働体制が求められます。メンテナンスリースなら、1台1台クルマのメンテナンスをリース会社が計画的に管理してくれるので、安全への対応ができるだけでなく、故障を未然に防ぐことができます。

      オススメ商品紹介

      法人カーリースとは

      毎月定額のリース料をお支払いいただくだけで日産の新車をご利用いただけます。リース料には車両代金のほか、リース期間中の自動車諸税が含まれているので、車両購入の手続きから納税などのクルマに関する煩わしい業務を削減できます。 さらに、メンテナンスや任意保険を含むことにより、クルマに関わるコストの一元化も可能です。

      メンテナンスサービス

      全国4,600ヶ所のサービス工場がバックアップ。車両を万全の状態に整備することでお客さまの安全を確保し、快適で効率的な稼働体制をお約束いたします。

      トップへ戻る

    • 不動産会社 N社さまの場合 法人リース / CLICK-net(車両管理システム)

      ・車の使用目的 : 営業車
      ・保有車両 : コンパクトカー
      ・保有台数 : 100台

      営業車の保有台数が多く、購入時の手続き、税金の納付、保険加入、車検・点検などの手配に手間がかかること、また消耗品の交換や点検時期を忘れてしまうことが悩みだった不動産会社のN社さまには、リース契約と同時に「CLICK-net(車両管理システム)」をご契約いただきました。
         *
      車検・点検のタイミングが異なる営業車をリース化することによって管理の一元化、さらに「CLICK-net(車両管理システム)」をご利用いだければ、メンテナンスから給油、ETC料金などのコスト管理まで一括管理が可能です。

      ファイナンシャル・プランナーからのコメント

      ■リースなら維持・管理の手間が省ける

      多くの営業車を保有する場合、維持管理に手間がかかるだけでなく、コストもかかります。また、そのコストには、管理業務をまかなうシステム費用や担当する社員の人件費も含まれることを忘れてはいけません。
      業務軽減とコスト削減を考えた場合、車両のリース化及び車両管理システムの利用がおすすめです。監査法人が実施した「車両業務に関する購入とリースの業務工数の調査結果」によると、リース化することで購入の場合と比べ、車両管理工数が全体で約3分の1に削減できるという結果がでています。

      オススメ商品紹介

      法人カーリースとは

      毎月定額のリース料をお支払いいただくだけで日産の新車をご利用いただけます。リース料には車両代金のほか、リース期間中の自動車諸税が含まれているので、車両購入の手続きから納税などのクルマに関する煩わしい業務を削減できます。 さらに、メンテナンスや任意保険を含むことにより、クルマに関わるコストの一元化も可能です。

      CLICK-net(車両管理システム)

      リース車両のほか、お客さまがお使いのクルマの情報も一元管理が可能です。リース車両の契約情報から車両情報、事故情報、コスト情報をインターネット上で提供するシステムです。

      トップへ戻る

    • 旅館 Y社さまの場合 : 法人リース / 日産EV法人メンテナンスサービス

      ・車の使用目的 : 送迎
      ・保有車両 : EV車
      ・保有台数 : 2台

      経営される旅館が、「駅から少し離れているので、お客さまの到着にあわせて、クルマで旅館までの送迎を行っている」というY社さまには、「日産EV法人メンテナンスサービス」をお選びいただきました。
      「ガソリン代もかからず、リース料も月々定額なのでコスト管理が容易」とご好評をいただいています。
         *
      「日産EV法人メンテナンスサービス」は、日産の電気自動車をご利用いただく法人のお客さまに快適・安心・便利なEVカーライフを保証する、日産フィナンシャルサービスのオリジナルです。

      ファイナンシャル・プランナーからのコメント

      ■EV車のリースでコスト削減

      会社にとって業務で使用するクルマは資産になりますが、予算化できない維持費がかかります。しかしリースであれば経費処理が可能であり、維持・管理にかかる費用は一定額に保たれます。さらに、電気自動車ならガソリン車と比較すると、燃料代を節約することが出来ます。

      参考 日産自動車「ガソリン車との比較」http://ev.nissan.co.jp/EV/POINT/

      オススメ商品紹介

      法人カーリースとは

      毎月定額のリース料をお支払いいただくだけで日産の新車をご利用いただけます。リース料には車両代金のほか、リース期間中の自動車諸税が含まれているので、車両購入の手続きから納税などのクルマに関する煩わしい業務を削減できます。 さらに、メンテナンスや任意保険を含むことにより、クルマに関わるコストの一元化も可能です。

      日産EV法人メンテナンスサービス

      日産の電気自動車をご利用いただく法人のお客さまに快適・安心・便利なEVカーライフを保証する、日産フィナンシャルサービスのオリジナルのサービスです。

      トップへ戻る

    • 住宅メーカー S社さまの場合 : 法人リース / リスクマネジメントサービス

      ・車の使用目的 : 営業車
      ・保有車両 : ビジネスバン
      ・保有台数 : 200台

      「車の運転に慣れていない新入社員が多く、事故が心配」という住宅メーカーのS社さまには、「リスクマネジメントサービス」にお申込みいただきました。
      「安全運転講習会や事故分析をしてもらうことで、会社として安心」とご好評をいただいています。

      ファイナンシャル・プランナーからのコメント

      ■リスクマネジメントサービスで社員の安全も守る

      社有車が、万が一、交通事故を起こしてしまったら、相手方はもちろん、自社、そして社会にも多大な損害を与えることになります。また、自社の従業員が社有車運転中に交通事故を起こした場合、その従業員本人に対しては、民法第709条の不正行為の規定によって損害賠償責任が生じます。
      しかし、適切な運行管理、労務管理等を確実に行うことでリスクを軽減することは可能です。リスクマネジメントサービスは、会社と社員の安心・安全をサポートします。

      オススメ商品紹介

      法人カーリースとは

      毎月定額のリース料をお支払いいただくだけで日産の新車をご利用いただけます。リース料には車両代金のほか、リース期間中の自動車諸税が含まれているので、車両購入の手続きから納税などのクルマに関する煩わしい業務を削減できます。 さらに、メンテナンスや任意保険を含むことにより、クルマに関わるコストの一元化も可能です。

      リスクマネジメント

      交通事故の予防策として、安全運転講習の実施や事故分析を行います。安全な職場環境づくり、信頼の構築、社会的評価工場のためのアドバイスを行います。

      トップへ戻る

    • 製薬会社 T社さまの場合 : 法人リース / 車両管理受託サービス

      ・車の使用目的 : 営業車
      ・保有車両 : ビジネスバン
      ・保有台数 : 1,000台

      「保有台数が膨大なため、車両管理を一元化して、工数削減を目指したい」という製薬会社のT社さまには、「車両管理受託サービス」をご契約いただきました。
        *
      日産フィナンシャルサービスの「車両管理受託サービス」は、お客さまのクルマのご使用状況や台数、管理体制に合わせ最適なプランをご提案させていただいております。

      ファイナンシャル・プランナーからのコメント

      ■車両管理の一元化で工数削減を実現

      社用車の管理は、車検・点検の期日管理の他、納税、保険の支払いなどさまざまな業務が発生します。クルマが増えるほど煩雑になり、管理者の工数は計り知れません。車両管理のアウトソーシングサービスを導入した場合、管理が一元化されることによって、業務工数が削減され大幅な負担軽減を実現します。競争が激しい業界であればこそ、本来の事業に特化するためにもアウトソーシングサービスの導入が不可欠ではないでしょうか。

      オススメ商品紹介

      法人カーリースとは

      毎月定額のリース料をお支払いいただくだけで日産の新車をご利用いただけます。リース料には車両代金のほか、リース期間中の自動車諸税が含まれているので、車両購入の手続きから納税などのクルマに関する煩わしい業務を削減できます。 さらに、メンテナンスや任意保険を含むことにより、クルマに関わるコストの一元化も可能です。

      車両管理受託サービス

      専門知識が必要な自動車管理業務、煩雑な支払い・確認業務をはじめ各支社ご担当者さま、運転者さまとの連絡業務等をお客さまに代わって日産フィナンシャルサービスがお引き受けするサービスです。

      トップへ戻る

    • 小売業 K社さまの場合 法人リース / 給油カード、CLICK-net(車両管理システム)

      ・車の使用目的 : 営業車
      ・保有車両 : コンパクトカー
      ・保有台数 : 300台

      「各支店でガソリン代の金額が異なり、請求書が都度送られてくるので、支払い・管理に手間がかかるのを何とかしたい」という小売業のK社さまには、給油カード「NFS FUEL カード」および「CLICK-net(車両管理システム)」にお申込みいただきました。
        *
      NFS FUEL カードなら、資源エネルギー庁が公表する前月の一般小売価格をもとに算出された、魅力的な全国統一価格を設定しています。また、全国どこのスタンドをご利用いただいても、日産フィナンシャルサービスが一括でご請求させていただくため、請求書の一本化も可能です。
      さらにCLICK-netにご加入いただくことによって、車両1台ごとの給油明細がインターネット上で閲覧できるため、燃料コストを簡単に把握することができます。

      ファイナンシャル・プランナーからのコメント

      ■全国統一価格の給油カードサービスを利用すれば、平均より燃料価格が高い地域では安価に調達が可能

      社有車の運用において、ガソリン代の支払い管理は煩雑になりがちです。また、地域によって給油価格に差があり、運用コストの計画も立てにくくなっています。
      全国統一価格の給油カードサービスを利用すれば、価格の平準化によって、全国平均より燃料価格が高い地域ではこれまでより安く燃料調達が可能になり、請求書の管理や支払いなどの業務工数も削減されるので、コスト削減および管理業務を効率化できます。また、車両管理システムを導入することで、社有車の一元管理も可能になります。

      オススメ商品紹介

      法人カーリースとは

      毎月定額のリース料をお支払いいただくだけで日産の新車をご利用いただけます。リース料には車両代金のほか、リース期間中の自動車諸税が含まれているので、車両購入の手続きから納税などのクルマに関する煩わしい業務を削減できます。 さらに、メンテナンスや任意保険を含むことにより、クルマに関わるコストの一元化も可能です。

      給油カード

      お客さまのニーズに合わせて、「全国統一価格」と「店頭価格」の2種類のカードを用意いたしました。全国どこのガソリンスタンドでご利用いただいても一括でのご請求となり、管理業務を効率化できます。

      CLICK-net(車両管理システム)

      リース車両のほか、お客さまがお使いのクルマの情報も一元管理が可能です。リース車両の契約情報から車両情報、事故情報、コスト情報をインターネット上で提供するシステムです。

      トップへ戻る