車両管理業務とコストのメリット

日産の法人カーリースは、業務に精通した専門スタッフと先進のシステムが迅速かつ最適なサービスとローコストオペレーションを提供することで、お客さまのご満足とトータルコスト削減を実現いたします。

管理上のメリット

車両管理業務が大幅に削減されます。

車両購入手続きから税金納付、保険加入、整備手配など面倒な事務処理を日産フィナンシャルサービスが代わって行います。監査法人が実施した「車両管理業務に関する購入とリースの業務工数の調査結果」によると、リース化することで購入の場合と比べ、車両管理工数が全社で約3分の1に削減できるという結果がでています。

車両の安全性の維持・向上に貢献できます。

メンテナンスリースの場合、車両の保守サービスを日産フィナンシャルサービスがお引き受けいたしますので、より安全に、より効率よく運行することができます。

フリートサービスの利用でもっと便利に

メンテナンスサービスの他、給油カードやリスクマネジメントなどのサービスもご利用いただけます。

クルマのコスト把握が簡単です。

リースなら、リース料・ガソリン代・駐車場代などを集計するだけで、車両コストが把握できます。

経理上のメリット

リース料は経費として損金処理できます

リース料は、税法上で必要経費(損金)として認められています。そのため毎月のリース料は経理上、損金処理ができますので、車両購入と比べると効果的な節税が見込めます。
※リース会計基準改正により、リース資産計上が必要な場合もあります。詳しくはお客さまの会計士もしくは税理士にご相談ください。

車両にかかわる予算計上から実績管理が簡便化されます

リース料は一定ですので予算計上が簡単です。また、維持・管理の費用がリース料に一本化されますので、煩わしい支払い手続きから解放されます。

車両にかかわる費用が明確になります

リース料には、税金、保険料、メンテナンス料が含まれるため、車両にかかる費用が明確になります。

財務上のメリット

クルマの購入資金を効果的に運用できます。

リースなら、まとまった購入資金がいりませんので、その資金を運転資金として活用できます。リース料は毎月定額でお支払いいただくだけですから、無理のない資金計画が立てられます。また、購入に伴う車両代や諸費用などの一時的な資金を必要としません。剰余資金を運転資金として有効に活用できます。

100%融資を受けたのと同じ効果が得られます。

銀行借入れ時に必要となる担保物件の差し入れなどがいりませんので、銀行借入れ枠を温存することができます。

リースと購入のいいとこ取りの「購入選択権付きリース」

「購入選択付リース」のメリット

「購入選択付リース」で契約満了時に「買い取り」の選択を加えれば、さらにビジネスの変化に柔軟に対応できます。

契約終了時に車両の買い取りをご希望のお客さまには、「購入選択権付リース」がおすすめです。ビジネスの変化や契約満了時の状況に合わせて柔軟に選択できます。全額経費処理できる「リースのメリット」と長期間使用ができる「買い取りのメリット」の2つのメリットを合わせ持った「購入選択権付リース」は、お客さまのビジネスを安心・快適にサポートする日産フィナンシャルサービスならではのサービスです。