ワークライフバランスと健康促進の取組み

日産フィナンシャルサービスは、「最先端の金融・サービスで、お客さまのカーライフを豊かに」をビジョンとしてお客さまの期待を超える価値をご提供していくことを目指しています。このビジョンの実現のためには、当然のことながらまず会社を支える社員およびその家族が心身ともに健康であることが大切です。

社員一人ひとりが「心」と「体」の健康を保ち、ワークライフバランスを意識し充実した生活を過ごすことは、会社で活き活きと働くための基礎であり、企業の活力につながります。
このワークライフバランスの実現のためには、会社や職場、そして社員自身が連携した取り組みがとても重要です。なぜなら年齢や家庭環境に関係なく、社員がモチベーション高く安心して仕事に取り組んでいただくことが、会社の安定と成長にもつながり、会社並びに社員のWIN-WINが実現可能になると考えているためです。

そのため日産フィナンシャルサービスは、社員のワークライフバランスとその充実につながる健康の取組みは、会社の経営にとっても最も重要な経営課題の1つととらえ、社員の健康への意識を高める取組みを実行してまいります。

<ワークライフバランスと健康促進>

ワークライフバランスと健康促進

ワークライフバランスと健康促進

健康経営方針

  • 日産フィナンシャルサービスは日産自動車健康保険組合と連携し、社員とご家族の健康保持・増進などの健康増進施策の実施とともに、社員が能力を最大限に発揮できるような職場環境の維持・改善に積極的に取り組みます。
  • 社員は、自分自身と家族の健康管理に積極的に取り組みます。

(日産フィナンシャルサービスは、経済産業省と日本健康会議が共同で進める「健康経営優良法人認定制度」において、健康経営優良法人2020(大規模法人部門)を初めて取得いたしました。)

健康経営優良法人

健康関連の社内体制

健康関連担当役員のもと、経営層などに社員の健康に関する報告や決定を行っていきます。また社員一人ひとりの「心」と体」の健康状態を把握し、必要に応じて外部カウンセリングや社内健康相談窓口に相談ができる環境を整えています。

健康関連の社内体制

健康関連の社内体制

主な取組と効果検証

当社は平均年齢が高くなってきていることもあり、生活習慣病を始めとした病への罹患が懸念されております。
社員が「心」と「体」を健康に、活き活きと安心して働き続けられるよう、会社は下記のように具体的な目標値を定めて健康促進に取り組んでまいります。

項目 指標 KPI 2018年度 2019年度
生活習慣病対策 1 健康診断受診率の向上 100% 100% 99.9%
2 「通院していないが治療する必要がある者」の削減 7.5%以下 14.4% 9.5%
3 運動習慣者比率の向上 30% 22.7% 26.3%
禁煙対策 4 喫煙率の低下 3年合計-7% -1.7%(前年比) -3.1%(前年比)
メンタルヘルス対策 5 ストレスチェック受検率 100% 95.7% 96.3%
ワークライフバランスの推進 6 時間外労働の管理 10時間以内/月 9.1 9.7
7 有給休暇取得の奨励 16日/人/年間 15.2 16.7
健康経営全体の指標 8 ワークエンゲージメントの向上
(仕事に対してポジティブで充実していると感じる従業員の割合)
60%以上 59.2% 63.5%

1,2,5,7,8 : 各項目対象者/全従業員
3,4:各項目対象者/40歳以上
6:各項目対象者/時間管理対象者

禁煙取組

  • 遠隔禁煙外来の推奨、インセンティブ付与
  • 2021年4月より就業時間内禁煙の実施

健康費用補助

  • 人間ドック・インフルエンザ予防接種 費用補助

健康・メンタル相談窓口を設置

  • 外部機関と連携し専門医師からのWebカウンセリング
  • 保健師、ヘルスキーパーによる健康相談

健康の理解促進のための啓蒙活動

  • 健康強化月間の設定
  • 社員向けに健康に関する月1回以上の情報発信
  • 健康イベント、セミナー等実施(健康フェスタ、食事、運動、メンタルヘルス、女性の健康セミナー)
    <取組み実績>
      2018年:ヨガ、骨格調整、生活習慣病・VDT予防/改善、禁煙、等のセミナー実施。全国の事務所にて健康イベント4回実施
      2019年:健康法の極意、働く女性の健康、食事とメンタヘルス、等のセミナー実施。全国の事務所にて健康イベント4回実施
     従業員のアンケート結果より、健康経営に取り組んでほしい。安全で健康的な職場環境を会社は提供してくれている。という声が社内から多く聞こえるようになっています。